チョコレートは太る?ダイエットに効果的な理由や食べ方を紹介

チョコレートは太る?ダイエットに効果的な理由や食べ方を紹介

ダイエット中でもチョコレートを食べたい人もいるでしょう。

食べると太るイメージを持っている人も多いと思いますが、食べ方によってはダイエット中でも問題ありません。

しっかりとした知識をつけて、上手に付き合うことが大切です。

チョコレートを食べると太るのかや、ダイエット中でも食べてもよい種類についてまとめます。

チョコレートを食べると太るってホント?

太っている人

ダイエット中にもチョコレートを食べたいけど、太るのは困るでしょう。

なぜ食べると太るのかの理由とまとめるので、参考にしてください。

食べ過ぎが原因

食べ過ぎてしまうと太る原因となるので注意が必要です。

チョコレートには糖質や脂質が多く含まれているため、食べ過ぎると必要以上にカロリーを摂取してしまいます。

特に脂質のカロリーは糖質やタンパク質と比べて、1gあたりのカロリーが倍以上あるため注意が必要です。

しかし、チョコレートにはダイエット中にも摂取したい成分が多く含まれています。

食べ過ぎなければダイエット中に必要な成分補えたり、ストレスの緩和ができたりするのでおすすめです。

寝る前に食べている

寝る前はチョコレートに限らず、食事するのは控えましょう。

就寝中もカロリーを消費していますが、日中の活発的な時間に比べて多くはありません。寝る前に食べてしまうと必要以上のカロリーを摂取してしまい太る原因となります。

特に消費できなかった栄養は、脂肪として溜めこまれるので注意が必要です。

寝る2~3時間前はチョコレートに限らず、食事は控えるようにしましょう。

糖分の多いチョコレートを食べている

チョコレートが太ると思われる理由は、糖分や脂質の多い甘いチョコレートを食べているからです。

ハイカカオのような渋いチョコレートと同じ量の甘いチョコレートを食べた場合とでは、摂取カロリーも大きく違います。

甘いチョコレートが好きな人は、食べる量を少なくするようにしましょう。

特にホワイトチョコは脂肪分も豊富で、糖質も多く含まれています。

チョコレートを食べたい気分の時は、なるべくハイカカオの渋いチョコレートを選択しましょう。

太るといわれるチョコレートのカロリー

チョコレート

チョコレートは種類によってカロリーが異なります。

各チョコレートのカロリーは下記のとおりです。

カロリー糖質
ミルクチョコレート560kcal51.8g
ホワイトチョコレート588kcal50.3g
アーモンドチョコレート457kcal37.1g

チョコレートはミルクなどの甘い要素が加わることでカロリーが高くなります。

特に砂糖をふんだんに使っているチョコレートには注意が必要です。砂糖が多く入ることで糖質が多くなり、カロリーも高くなってしまいます。

ダイエット中にチョコレートを食べるときは、砂糖の入っていないものを選ぶようにしましょう。

チョコレートがダイエットにおすすめの理由

カカオ

チョコレートは砂糖が多く甘いので、ダイエットの天敵と思っている人もいるでしょう。しかし、ダイエット中におすすめの栄養素も多く含まれています。

どんな栄養素が含まれているのかを紹介するので、参考にしてください。

ポリフェノールが豊富

チョコレートには抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。

抗酸化作用は動脈硬化やガン予防に効果があるといわれており、健康面でおすすめの栄養素です。ほかにも血管を広げる作用もあります。血管が広がることで血液の流れも良くなり、血圧が広がることを防ぐことも可能です。

また、肌のシミ予防にも効果が期待できるので、美肌維持にもいいと言われています。

チョコレートでポリフェノールを摂取すれば健康面に限らず、美容面にも効果があるので適切な量を摂取しましょう。

食物線維が含まれている

チョコレートはカカオからできているため、食物繊維も含まれています。

食物繊維には便通の改善に効果があるため便秘の改善や、ダイエット中に栄養素が不足して便秘になるのを防ぐ効果に期待ができるでしょう。

糖の吸収を穏やかにする効果もあるため、ダイエット中は特に避けたい血糖値の急激な上がりを防ぐこともできます。

また、食物繊維は満腹感を満たしてくれる効果もあるので、食べ過ぎを防ぐこともできるでしょう。

テオブロミンの効果に期待できる

テオブロミンとはチョコレートの苦み成分です。

テオブロミンには疲労回復効果や集中力や記憶力を高める効果もあると言われています。

ダイエット中はトレーニングもすることが多いので、疲労感が貯まりやすいでしょう。しかし、チョコレートを食べることで疲労の回復もできます。

また、炭水化物の摂取量を減らすと集中力が損なわれてしまうことがあるので注意が必要です。しかし、テオブロミンを摂取することで集中力がつくことはもちろんのこと、記憶力も高まります。

ダイエット中に太りにくいチョコレートは?

チョコレート

ダイエット中にチョコレートを食べるときは、カカオ含有率70%以上のものを選びましょう。

ハイカカオチョコレートは糖質が少ないため、血糖値が上がりにくく安心です。

また、ポリフェノールが多く含まれているので血糖値の上がりを抑えてくれる効果もあります。

ハイカカオチョコレートは普通の甘いチョコレートよりも食物繊維が豊富なため、満腹感を得やすいため、少量でも満足できるでしょう。

ダイエット中に太りにくいチョコレートの食べ方

チョコレート

ダイエット中でもチョコレートを食べたい人も多くいるでしょう。正しい食べ方をすれば太る心配もなく安心です。

おすすめの食べ方を紹介するので参考にしてください。

少しずつ食べる

チョコレートは脂肪や砂糖が多いので食べすぎには注意が必要です。

少量ずつ食べるようにしましょう。

ダイエット中に食べるおすすめの量は板チョコの3分の1程度が目安です。グラムにすると約30gとなります。

この量であれば1食でのカロリーも100kcal以下に抑えられるため、過剰なカロリーの摂取を抑えられるでしょう。

どうしてもいっぱい食べたい人は、チートデイなどの多く食べる日に食べるようにしてください。

空腹時の食べ方も、「ダイエット中に口が寂しい時におすすめの解消法を紹介」を参考に気を付けてください。

運動を忘れない

チョコレートを食べる日は運動を欠かさないようにしましょう。

ハイカカオチョコレートは太りにくいと言われていますが、それでもカロリーはあります。

運動することで消費カロリーを増やせるので、チョコレートを食べても罪悪感が残りません。

また、チョコレートには疲労回復効果もあるので、運動との相性もピッタシです。

また、筋トレすれば筋肉量もついていくので、基礎代謝も上がり太りにくい体を手に入れこともできます。

食べる時間に気を付ける

夜食として食べたり、寝る前に食べたりするのは控えましょう。

夜は食後活動的に動かないことが多いでしょう。摂取したカロリーを消費できないと、全て脂肪として蓄積されてしまいます。

チョコレートを食べるのにおすすめの時間は14時~16時ころです。

14時~16時は基礎代謝が高いため、必要以上にカロリーを摂取しても燃やしやすい時間帯でもあります。

チョコレートを食べるとこは時間帯も気にしながら食べるようにしましょう。

チョコレートを食べながら無理なくダイエットしよう!

チョコレート

甘いチョコレートには糖質や脂質が多く含まれているため、カロリーを多く摂取してしまい太る原因となります。

しかし、カカオ含有率70%以上のハイカカオチョコレートは糖質も少ないため、血糖値の上がり方が緩やかになり太りにくいのでおすすめです。

ぜひ、当記事を参考にしてチョコレートの知識を正しくつけて、ダイエット中の嗜好品として楽しんで食べてください。

最後に自分で食事管理するのが苦手という人のために、おすすめの宅食サービスを紹介します。

忙しい毎日でも手軽に必要な栄養を摂取できるのでおすすめです。

体づくりに最適な宅食サービス

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事