ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方とは?気になる効果も解説

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方とは?気になる効果も解説

普段からコーヒーをよく飲む人も多いのはないでしょうか。

朝食や食後、仕事中、休憩中など、さまざまなシチュエーションで飲むことができます。

普段気軽に飲んでいるコーヒーですが、眠気を覚ませる以外にも多くの効果があります。

どんな効果があるのか、おすすめの飲み方を紹介するので、参考にしてください。

ダイエットにおすすめのコーヒーの飲み方

コーヒーを淹れている人

コーヒーの効果を最大限に生かすのに、おすすめの飲み方があります。

どんな飲み方があるのかを紹介するので、参考にしてください。

朝や昼に飲む

コーヒーにはカフェインが多く含まれており、基礎代謝を上げる効果があります。

基礎代謝は朝目覚めた時が一番低い状態です。活発に動き始めることで、徐々に高くなっていきます。

おすすめなのが朝や昼にコーヒーを飲むことです。朝や昼に飲むと基礎代謝を早い段階から高められ、脂肪を燃焼しやすい時間が長くなります。

ダイエット中の人は、朝食にコーヒーを飲むのがおすすめです。

運動30分前に飲む

運動前にコーヒーを飲むのもおすすめです。

コーヒーの効果が現れるまでには30分から1時間ほどかかります。運動する30分くらい前にブラックコーヒーを飲んでおくのがおすすめです。

コーヒーを飲むことで基礎代謝や集中力を高められるので、トレーニング効果を高めることもできます。

自宅や職場からスポーツジムに行く前に、缶コーヒー1本飲んでから向かうのがおすすめです。

コーヒーがダイエットに効果的な理由

コーヒーを飲んでいる人

コーヒーは眠気覚ましや、一息つくために飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。

コーヒーにはダイエット効果もあります。

コーヒーにはカフェインという成分が含まれており、これがダイエットに効果的です。

カフェインには血管を拡張させる効果があります。血管が拡張されることで基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい状態にできるのです。

朝からコーヒーを飲めば一日を通して基礎代謝が上がるので、痩せやすく太りづらい状態になります。

コーヒーに含まれる成分とは?

コーヒー豆

コーヒーには2つの成分が含まれています。この2つは健康において、とても重要な役割をしてくれる成分です。

どんな成分が含まれているかを紹介するので、参考にしてください。

カフェイン

カフェインには覚醒作用や利尿作用があります。

覚醒作用は眠気覚ましに効果的です。朝起きた時に飲むことで眠気を覚まさせ、仕事などに集中して取り組めるのでおすすめです。

身体の老廃物を排出させることができ、むくみの解消になります。むくみが気になる人はコーヒーを適度に飲むようにしてください。

また、自律神経の働きを高めたり、運動能力を向上させたり、心臓の筋肉の収縮力を強化させたりするなどいろいろな効果があります。

ポリフェノール

コーヒーにはポリフェノールも多く含まれています。

ポリフェノールと聞くと赤ワインに多く含まれていると想像する人も多いと思います。しかし、コーヒーにも赤ワインと同じくらいのポリフェノールが含まれています。

また、活性酸素などから体を守る抗酸化作用の強い成分も多く含まれているのでおすすめです。

抗酸化作用は活性酸素によって引き起こされるガンや、動脈硬化、心筋梗塞、などの生活習慣病の予防に効果があります。

ダイエット以外にもコーヒーのおすすめの効果

コーヒー

コーヒーはダイエット以外にも、様々な効果があります。

どんな効果があるのかを紹介するので、参考にしてください。

病気の予防

コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が含まれており、この成分が病気の予防に役立ちます。
特に下記のような病気の予防にはおすすめです。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 糖尿病
  • ぜんそくの発作

クロロゲン酸には血管の酸化を防ぐ効果があり、ガンのリスクを下げると考えられています。

また、血液をサラサラにする効果も含まれているので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の発生のリスクを減少させる効果に期待が持てます。

健康に気を付けたい人におすすめです。

眠気を抑える効果

コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが含まれています。

カフェインには眠気を覚ませることや、脳を活性化させる効果もあるため集中力アップに役立ちにおすすめです。

特に朝目覚めの一杯として飲むことで、一日集中して仕事や勉強に取り組めます。

トレーニングを仕事終わりなど、疲れた状態でやる人も多いのではないでしょうか。

トレーニング前にコーヒーを飲むことで集中力を上げやすくなります。

美肌効果

コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています。

特にこのポリフェノールには抗酸化作用があります。抗酸化作用にはシミやシワを抑える働きもあるので気になる人におすすめです。

普段からポリフェノールを摂取している人はシミも少ないので、意識して摂取してみてください。

コーヒーにはワインと同じくらいのポリフェノールが含まれています。どんなものから摂取したらいいのか分からない人は、コーヒーで気軽に摂取するのがおすすめです。

リラックス効果

コーヒーの香りをかぐと心が落ち着くという人もいるのでないでしょうか。特に仕事の休憩中にコーヒーを飲むことで落ち着く人も多いと思います。

落ち着く理由は、コーヒーの香りをかぐことで脳内にα波が出て、リラックスさせてくれる効果があるからです。

好きなにおいをかぐことで幸福感にも満たされます。

忙しくて疲れているときにはコーヒーを飲むだけでなく、香りも楽しんでみてください。

ダイエットでコーヒーを飲む際の注意点

コーヒー

コーヒーにはうれしい効果が多くありますが、反対に注意しなければならないこともあります。

注意点についてまとめるので、参考にしてください。

脱水症状や貧血に注意

カフェインには利尿作用があります。利尿作用は身体の老廃物を流すのに効果的です。摂りすぎるとトイレの回数も増え、脱水症状になりやすくなるので注意してください。

コーヒーにはタンニンという成分も含まれています。タンニンは鉄と結びつくことで、鉄分の吸収を阻害してしまうことも。

貧血気味の時に飲みすぎてしまうと悪化させてしまうこともあるので、注意してください。

適正な量を飲んでいる分には、貧血を引き起こすこともありません。

飲みすぎに注意

コーヒーを飲むときに砂糖を多く入れている人も多いのではないでしょうか。

砂糖の入ったコーヒーを飲みすぎると太ってしまう原因になりますので、なるべくブラックで飲むようにしましょう。

コーヒーは4杯までにするのがおすすめです。飲みすぎると胃酸の分泌が多くなり、胃が荒れてしまう原因にもなります。

しかし4杯飲んでいる人は、2型糖尿病になりにくくなるという研究結果もあります。

コーヒーを飲むことは健康にもいいですが、過度に飲みすぎないように注意しましょう。

コーヒーを飲んで楽しくダイエットしよう!

おやつをしている人

コーヒーにはカフェインや、ポリフェノールが含まれています。この成分は基礎代謝を上げることや、集中力を高めるのにおすすめです。

特にダイエット中の人は朝コーヒーを飲むことで、一日中基礎代謝が高い状態を維持できます。

脂肪燃焼効果も高くなり、痩せやすい体を手に入れられます。

コーヒーを飲んでダイエット効果を高めてみてはいかがでしょうか。

最後に自分で食事管理するのが苦手という人のために、おすすめの宅食サービスを紹介します。

忙しい毎日でも手軽に必要な栄養を摂取できるのでおすすめです。

体づくりに最適な宅食サービス

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事