プロテインの選び方とは?自分に合った商品の探し方を紹介

プロテインの選び方とは?自分に合った商品の探し方を紹介

プロテインはタンパク質や、ビタミンといった栄養を手軽に摂れることから、近年人気が出ています。

種類も多いためどの商品を選んだらよいのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

原料による違いや、効果、成分、味と選び方も目的によって様々です。

自分に合ったプロテインの選び方から、種類の違いまで紹介します。

プロテインの選び方 原料編

成分

プロテインは種類によって原料が異なります。何を原料としているかによって含まれている栄養素や、飲む目的、飲むタイミングが異なるのが特徴です。

ここでは各プロテインの原料の違いを解説します。

プロテインの種類については、「プロテインにも種類がある?各種類のメリットやデメリットも解説」も参考にしてください。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは牛乳の乳清(ホエイ)を原料としているプロテインです。

ホエイは水溶性のため溶けやすいのが特徴的で、体内へスムーズに吸収されます。運動後やトレーニング後に飲まれる方が多いです。

ホエイプロテインにはWPIとWPCの2種類の製法があり、純度が異なります。

WPIはタンパク質の純度が90%前後と高く、乳糖によってお腹が緩くなりやすい人におすすめです。

WPCは純度が80%以下となっており、リーズナブルな商品が多くなっています。これからプロテインを飲み始める人や、量を多く飲む人におすすめです。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆を原料としたプロテインです。

ホエイプロテインと比べて溶けにくいのが特徴的で、体内へゆっくりと吸収されていきます。

大豆本来の栄養素も多く含まれているため、筋肉を作ることや美容にも効果があるのが魅力です。

溶けにくく体内にゆっくりと吸収されることから、お腹に溜まりやすくなっています。ダイエット中の食べすぎの予防や、空腹を満たす目的で飲む人もいるほどです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインはホエイプロテインと同様に、牛乳の乳清を利用したプロテインです。乳清の80%はカゼインとなっており、この成分をプロテインにしています。

カゼインは不溶性のため溶けにくく、体内へゆっくり吸収されるのが特徴です。筋肉に長時間アミノ酸を供給するために飲まれることが多くなります。

体を大きくしたい人や、アスリート、筋トレの回数が多い人を中心に飲まれている、中上級者向けのプロテインです。

プロテインの選び方 目的編

プロテインの種類

プロテインは目的によって種類を変えることで、効果をさらに高められます。

各目的によっておすすめのプロテインを紹介しますので、参考にしてください。

ダイエット

ダイエットが目的の時にはソイプロテインか、カゼインプロテインを選択しましょう。

溶けてから吸収されるまでに時間がかかるため、腹持ちを良くなります。

ソイプロテインはタンパク質以外にもビタミンや、ミネラルが豊富に含まれているため、ダイエット中に不足しがちな栄養素も同時に摂取可能です。

ダイエット中も筋肉をつけることで、基礎代謝を高められます。基礎代謝が高まることで痩せやすく、太りにくい体を手に入れることが可能です。

タンパク質を摂取して筋肉の維持や、さらにつけることを意識しましょう。

プロテインを利用したダイエット法は、「プチ断食にはプロテインがおすすめ!ファスティングの方法も紹介」も参考にしてください。

美容

タンパク質は筋肉を作るだけでなく、髪の毛や皮膚、爪を作る成分でもあります。

プロテインを摂取することで薄毛の予防から、肌の潤い・ツヤのキープにも効果的です。

必要なタンパク質量を摂取できていないことが原因で肌荒れや、薄毛の原因となってしまっていることもあります。

肌荒れの予防など美容面を気にしている人は、プロテインでタンパク質を摂取するようにしましょう。

肉体改造

体を大きくしたい人や、筋肉を太くしていきたい人は、筋トレと一緒にタンパク質を多く摂取する必要があります。

筋トレや運動によって傷ついた筋繊維や、毛細血管を修復するには、多くのタンパク質が必要です。摂取量が足りていないと修復しきれず、なかなか太く、強くなっていきません。

トレーニングや運動、スポーツ後30分はゴールデンタイムともよばれ、栄養が吸収されやすい状態となっています。

ホエイプロテインのような吸収されやすいものを選ぶことで、効率よくタンパク質を摂取可能です。

肉体改造については、「ボディメイクには増量期と減量期が大切!トレーニング法も紹介」も参考にしてください。

健康増進

タンパク質の摂取量が意外に足りていない人が多くいます。

足りていないと筋肉が作りにくくなることはもちろんのこと、肌荒れや薄毛の原因となってしまっていることも。

1日のタンパク質摂取量は下記のとおりです。

男性女性
18~29歳65g50g
30~49歳65g50g
50~64歳65g50g
65~74歳60g50g
75歳以上60g50g

参考:公益財団法人長寿科学振興財団

およそ体重1kgあたり1gのタンパク質量が必要です。

普段の食事でとり切れていないと感じる人は、プロテインで補うようにしましょう。

タンパク質については、「タンパク質とは?摂取するメリットやおすすめの食べ物を紹介」も参考にしてください。

プロテインの選び方 味編

プロテイン

プロテインにはさまざまな効果がありますが、継続して飲み続けることが重要です。

継続して飲むために重要なことが「味」となります。

近年では王道のココア味をはじめ、チョコレート、コーヒー、フルーツミックス、パイナップル、プレーン、抹茶、フルーツ系、ヨーグルト系とバリエーションも豊富です。

ホエイプロテインでもソイプロテインでも味の種類は豊富になっており、飲みやすく続けやすくなっています。

プロテインを水と、牛乳のどちらで割って飲むかによって、味が異なることも。

初めて飲むときはなるべく小さいものから購入し、自分の好きな味を探してみてください。

プロテインの選び方 コスパ編

プロテイン

プロテインも栄養素や、高度な技術を利用した商品は高い傾向にあります。すべてが高いわけではなく、なかには安価に購入できる商品も。

プロテインのなかには1杯60円ほどと、比較的安価に購入できる種類も増えてきています。

好きな味であれば、大きなサイズで購入することで単価を下げることも可能です。大きいサイズだと2.5kgのものまであります。

ホエイプロテインも乳糖が気にならないのであればWPC製法の商品を選ぶことで、安価に購入可能です。

プロテインの選び方 タンパク質含有量編

プロテイン

タンパク質含有量とは1杯あたり、何gのタンパク質を摂取できるかを表わしたものです。

プロテイン一杯あたり10gから25gほどのタンパク質が摂取できます。含有率が高ければ高いほど、少ない回数で必要なタンパク質量の摂取が可能です。

含有率が低いものは粗悪品というわけではなく、その分ビタミンや、ミネラルなどのほかの栄養素が多く含まれています。

タンパク質を少しでも多く摂取したい人は、含有率の高い商品を選ぶようにしましょう。

自分に合ったプロテインを見つけよう!

プロテインを作っている女性

プロテインによって原料や、効果、目的が異なります。

自分がどのような目的でプロテインを無化が重要です。目的に合ったプロテインを飲むことで、効率よく栄養素を摂取できます。

プロテインは短期間で飲むものではなく、継続的に飲むことが重要です。味やコスパも見ながら継続しやすいものを選択しましょう。

ぜひ当記事を参考にして、自分に合ったプロテインを見つけてみてください。

下記ページにておすすめのプロテインを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

>>目的別おすすめの人気プロテインを紹介

当記事を読んで「トレーニングしてみたい」「身体を変えたい!」「一人でできるか不安」「もっと知りたい」と思った方は、ぜひパーソナルトレーニングジムの利用をご検討ください。Rehour Gym「リアワージム」では一人一人の目標・目的に沿ったプログラムや、食事・栄養指導をさせていただきます。ダイエットやボディメイクのみならず、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上、健康増進のお手伝いもさせていただきます。

当パーソナルジムが気になった方は、まず無料カウンセリングからお問い合わせください。

筋トレや食事管理に不安のある方は、無料カウンセリングにお越しください。あなたの目標を全力でサポートさせていただきます!

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事