プロテインにはどんな飲み方がある?様々な飲み方を紹介

プロテインにはどんな飲み方がある?様々な飲み方を紹介

プロテインは手軽にタンパク質や、ビタミンを摂取できることから人気がある健康補助食品です。

プロテインをおいしく飲む方法があるのか、気になっている人もいるのでないでしょうか。

粉自体にも味は付いていますが、毎日飲むとなると飽きてきてしまうこともありますよね。

おすすめのプロテインの飲み方を紹介しますので、参考にしてください。

プロテインの飲み方

プロテインを作っている人

プロテインは商品によっても異なりますが、付属のスプーンで1~3杯(20~30g)を溶かして飲みます。

タンパク質量にすると、おおよそ10~25gほどを一回で摂取可能です。

粉を水や、牛乳に入れて溶かすのがオーソドックスな方法で、ほかにもジュースに入れて飲むこともできます。

一杯あたり150~200mlの量となり、コップ一杯ほどです。

プロテインを割るためにシェイカーを使うと溶けやすく、ダマができにくくなり飲みやすくなります。

プロテインの割方

プロテインを作っている女性

プロテインの粉自体に味が付いているので、そのまま水で割って飲むこともできます。しかし水だけでは飽きてしまうこともありますよね。

水以外におすすめの飲み方を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

水・お湯

一番オーソドックスな飲み方が水です。プロテインの粉自体に味が付いているため、水に溶かしてそのまま飲むこともできます。

水には余計な成分が入っていないため、プロテイン本来の栄養をそのまま摂取可能です。

水と同じような飲み方として、お湯に溶かして飲む方法もあります。ココア風味やカフェオレなどのコーヒー系はホットでもおいしいのが特徴です。

また、お湯は粉が溶けやすくダマになりくいので、飲みやすくなります。

牛乳

コーヒー風味やココア風味のプロテインは、牛乳と相性も良くおすすめです。

牛乳に含まれるカルシウムや、タンパク質、ビタミンも一緒に摂取できます。

水で割ると味が薄くて飲みにくい種類でも、牛乳で割ると味が濃くなり飲みやすい場合も。

牛乳の場合には脂質が気になる人もいると思います。そんな時には低脂肪牛乳を活用することで、あまり気にせずに飲むことが可能です。

牛乳で飲むことで吸収がゆっくりとなり、腹持ちを良くできます。ダイエット中の人は低脂肪牛乳で割って飲むのがおすすめです。

100%ジュース

プロテインの味の種類にはバナナや、ピーチ、パイナップル、オレンジなどのフルーツ系の味もあります。

水でそのまま飲んでもおいしく飲めますが、同じ味の100%ジュースで割ることで、さらにおいしく飲むことが可能です。

100%ジュースであれば砂糖不使用の種類も多いため、添加物を気にせずに飲めるのではないでしょうか。

また、プレーンのように全く味がしないようなプロテインの種類もあります。ジュースを飲むときにプレーン味のプロテインを入れることで、味を損ねずに蛋白市の摂取が可能です。

豆乳

プロテインは豆乳で割って飲むのもおすすめです。

コーヒー風味やココア風味は豆乳とも相性がよく、飲みやすくなります。とろみもあるため、粉っぽさを軽減し、さらに飲みやすいのではないでしょうか。

豆乳には大豆イソフラボンや、ビタミン、タンパク質も豊富に含まれているため、プロテインとの相性も抜群です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりとなるとも言われているため、お肌のケアや、骨粗しょう症と更年期障害の予防にもつながります。

無糖コーヒー

プロテインの多くは水で割ってもおいしく飲めるように、甘味料が含まれていることもあります。

甘いものが苦手な人にとっては、プロテインが飲みにくいと感じることもあるかもしれません。

甘いものが苦手な人は、無糖コーヒーに溶かして飲むのがおすすめです。コーヒーの苦みが強くなるため、プロテイン独特の甘さが気になりにくくなります。

プロテインに含まれるカフェインには代謝を高める効果もあるため、脂肪燃焼したいダイエット時にもおすすめです。

コーヒーについては「ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方とは?気になる効果も解説」も参考にしてください。

飲む以外の方法

チョコクランチ

近年プロテインは水や、牛乳などに溶かして飲む以外にも、クッキーに入れたり、パンケーキに入れたりと摂取のレパートリーも増えてきています。

トレーニー界隈ではバレンタインのチョコに、チョコ風味のプロテインを活用して作る人も。

プロテインバーのようにクランチ状になっているものや、ウィダーinゼリーのようにゼリーで飲むものも増えてきています。

ただしプロテインをご自身で調理加工した場合には、本来の栄養素がそのまま取れない場合もありますので注意してください。

プロテインの飲むタイミング

プロテイン

プロテインは様々なタイミングで飲めます。

プロテインを飲むのにベストなタイミングを紹介しますので、参考にしてください。

プロテインを飲むタイミングについては、「プロテインの飲むタイミングとは?正しい知識について」も参考にしてください。

運動・トレーニング後に飲む

運動・トレーニング後30分はゴールデンタイムともよばれ、栄養を吸収しやすい状態になっています。

必ずこのタイミングではプロテインを摂取しましょう。特に体内に吸収されやすいホエイプロテインと相性がよくおすすめです。

プロテインと一緒に炭水化物も摂取することで、効率よく吸収されます。

筋肉をつけたい人や、ボディメイクをしたい人、身体づくりをしている人は、トレーニング後のプロテインは欠かさずに飲むようにしましょう。

食事と一緒に

タンパク質は1日あたり50~60gの摂取が必要です。食事で肉や、魚、卵、大豆製品と意識して食べたとしても、足りていないことがあります。

食事と一緒にプロテインを飲むことで、足りていないタンパク質を摂取可能です。

朝食のコーヒーや、牛乳にプロテインを混ぜたり、間食のデザート代わりに飲んだりできます。

ソイプロテインはゆっくりと吸収されるため、腹持ちを良くするのにもおすすめです。ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことはもちろんこと、不足しがちな栄養の補給もできます。

寝る前に飲む

人は睡眠中に成長ホルモンを分泌し、タンパク質と結合することで、筋肉の成長を促します。

就寝前のプロテインには、カゼインプロテインがおすすめです。カゼインはゆっくりと分解されて吸収されるため、筋肉にアミノ酸を長時間供給できます。

夜空腹になると寝つきが悪くなる人にも、プロテインがおすすめです。寝る1~2時間前に摂取することで、寝る直前や就寝中も気にならなくなります。

飲みやすい飲み方を見つけて継続しよう!

水分補給をしている人

プロテインは水だけでなく、牛乳や100%ジュース、豆乳、コーヒーなどで割って飲めます。

味が苦手で飲みにくいと感じていた人も、ほかのモノに混ぜることで飲みやすくなるのではないでしょうか。また、飲むだけでなくクッキーや、パンケーキ、ゼリー、クランチにしても摂取できます。

ぜひ自分の好きな飲み方を見つけて、プロテインライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

下記ページにておすすめのプロテインを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

>>目的別おすすめの人気プロテインを紹介

当記事を読んで「トレーニングしてみたい」「身体を変えたい!」「一人でできるか不安」「もっと知りたい」と思った方は、ぜひパーソナルトレーニングジムの利用をご検討ください。Rehour Gym「リアワージム」では一人一人の目標・目的に沿ったプログラムや、食事・栄養指導をさせていただきます。ダイエットやボディメイクのみならず、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上、健康増進のお手伝いもさせていただきます。

当パーソナルジムが気になった方は、まず無料カウンセリングからお問い合わせください。

筋トレや食事管理に不安のある方は、無料カウンセリングにお越しください。あなたの目標を全力でサポートさせていただきます!

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事