眠い時に筋トレしても良い?注意点や対処法を解説

この記事はプロモーションが含まれています。

眠い中、筋トレを頑張ってしている人もいるのではないでしょうか。目標を達成するためや、ルーティーンが決まっていると、やらなければいけないという気持ちにもなると思います。

しかし、眠い中の筋トレは身体に悪いのではないかと、思っている人もいるのではないでしょうか。

眠い時に筋トレしても良いのかどうかや、注意点、対処法を紹介していきますので、参考にしてみてください。

関連記事:深夜の筋トレは効果ある?トレーニングのメリットや注意点を解説

PICK UP

ダイエット・ボディメイクを始めるなら

chocozap(ちょこざっぷ)

chocozap(ちょこざっぷ)はRIZAPが作った初心者向けコンビニジムです。

24時間365日営業しており、靴の履き替え自由・服装自由で利用できることから、いつでも気軽に運動ができると話題になっています。

RIZAPが開発した1日5分のちょいトレ健康習慣プログラムもあるので、トレーニング初心者の人や、運動経験がない人でも安心して始められるようになっているのが特徴です。

また、セルフエステマシン・セルフ脱毛・スターターキットなどのサービスも充実しています。

これからダイエットを始めたい人、気軽に運動をしたい人におすすめです!

眠い時に筋トレしても良い?

ラットプルダウンをしている人

眠い中、目標を達成するために、頑張ってトレーニングしている人も多いと思います。

しかし、眠い時には筋トレを控えるようにするのがおすすめです。

眠い時の筋トレは集中力が低下しているため、思ったようなパフォーマンスが発揮できなかったり、最悪の場合には怪我したりしてしまうこともあります。

特に仕事や、家事、育児で睡眠時間が短くなると、日中でも眠くなることがあると思います。そんな時には無理してトレーニングせずに、休むという選択肢をとるのもおすすめです。

眠い時に筋トレする時の注意点

チェストプレスをしている人

人によっては時間があまりとれないので、眠くても無理してトレーニングしなければならない人もいると思います。筋トレする時の注意点を解説していきますので、気を付けてみてください。

ケガしないように気を付ける

眠い時は集中力が欠如している状態です。また、眠気が強いと身体も思うように動かないこともあります。この状態の時に、高負荷なトレーニングを無理にしてしまうと、ケガしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、すでに腰痛などのケガを持っている場合には、無理に筋トレしたことが原因で、悪化させてしまうこともあります。

眠い時に、頑張ってトレーニングする場合には負荷を軽めにして、ケガしないように注意しましょう。

パフォーマンスの低下に注意

眠い時には体が思うように動かないため、トレーニングの質も落ちてしまいます。この状態でトレーニングしても普段と同じような重要や、回数をこなせないことも。目的に合ったトレーニングができていないと、効果もなかなか現れなくなります。

また、集中できていないと、トレーニング時間もダラダラと長くなってしまい、普段以上に疲れてしまうので注意が必要です。

普段と同じようにトレーニングができない場合にはボリュームを少なくし、できる範囲内でするようにしましょう。

眠い時の対処法

ストレッチしている人

トレーニングしようと思っても、眠い時にはどのようにしたら良いのか気になりますよね。ここでは眠い時の対処法を紹介していきます。

軽く昼寝する

時間に余裕があるときには、昼寝を取り入れてみましょう。

睡眠時間をとることでスッキリし、眠気が解消されることもあります。また、昼寝することで、脳をリフレッシュできるため、集中力を高めるのにも効果的です。

長時間寝てしまうと夜眠れなくなったり、身体動くようになるまでに時間がかかったりしてしまいます。特にトレーニング後の睡眠時間が短くなってしまうと、筋肉の付き方も悪くなってしまいます。

昼寝する時には、15分ほどを目安にするのがおすすめです。

トレーニング日を変更する

眠さが強く、トレーニングに集中できそうにない場合には、思い切って日にちを変更してみましょう。

ルーティーン化している人は乱れてしまうかもしれませんが、ケガや効率の悪いトレーニングするよりかは、身体を休めたほうが良いです。別日の調子が良い時に、トレーニングをしっかりとやりきったほうが、効率よく鍛えられます。

毎日のようにトレーニングしていて、鍛えられない部位が出てくることに抵抗がある人は、次の日にダブルスプリットを取り入れてみるのもおすすめです。

アップの時間を長めに作る

眠い時にトレーニングすると集中力が続かずに、パフォーマンスが低下したり、ケガしたりしてしまうこともあります。目が覚めるまで、アップを丁寧にするようにしましょう。

トレーニング前のアップは軽いランニングや、ラジオ体操のような動きのあるストレッチがおすすめです。体温を徐々に上げていくことで目も覚め、最大限のパフォーマンスを発揮できるようになります。

反対にゆっくりと伸びを感じて行うようなストレッチは、さらにリラックスしてしまい、眠くなってしまうこともあるので控えるようにしましょう。

疲労回復に努める

日中に眠くなる人は仕事や、家事で忙しく睡眠不足なっていたり、身体に疲労が溜まったりしている状態です。

特に疲労が溜まった状態でトレーニングしているとケガしてしまうことや、人によってはオーバートレーニング症候群になってしまうこともあります。オーバートレーニング症候群になると倦怠感や、睡眠障害、食欲不振、体重の減少、集中力の欠如などの症状が現れてきます。

疲労感が強い時には湯船に入ってゆっくりすることや、ストレッチ、アロマを焚く、マッサージを受けるなど、リラックスする時間を作るようにしましょう。また、バランスの良い食事することも、疲労回復に効果的です。

眠い時は気を付けて筋トレしよう

ショルダープレスをしている人

眠い時に筋トレするリスクについて、解説してきました。

眠い時のトレーニングは集中力が低下しているため、パフォーマンスが低下しトレーニング効率が悪くなってしまうことや、負荷に耐えられずケガしてしまう可能性もあります。

眠い時には無理してトレーニングせずに、昼寝をしたり、思い切って次の日にトレーニングしたりするようにしてみてください。

トレーニングにおすすめ関連記事

トレーニングのレベルを向上させたい人や、トレーニングの効率を高めたい人はギアや、グッズ、プロテイン、宅食サービスを利用してみましょう。

トレーニングアイテムを揃えることでトレーニングパフォーマンスの向上や、ケガの予防に効果があります。また、プロテインや宅食サービスを利用することで、トレーニングの効果を高めることも。

下記の記事でおすすめのアイテムや、宅食サービスを紹介しています。

筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当

筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当4選

筋トレやダイエットしている人におすすめの宅食サービスを紹介しています。食事管理が苦手な人や、自炊する時間がない人におすすめです。

筋トレにおすすめのトレーニングギア8種を紹介

筋トレにおすすめのトレーニングギア8種

自宅で筋トレを頑張りたい人や、自重トレーニングの効率を高めたい人におすすめのトレーニンググッズを紹介しています。

目的別おすすめの人気プロテインを紹介

目的別おすすめの人気プロテインを紹介

筋トレ後におすすめのプロテインや、ダイエットに効果的なプロテインを目的別で紹介しています。

筋トレ器具おすすめ14選!自宅で使いやすい商品を紹介

筋トレ器具おすすめ14選!自宅で使いやすい商品を紹介

自宅で筋トレを頑張りたい人や、自重トレーニングの効率を高めたい人におすすめのトレーニンググッズを紹介しています。

Choice GYM's画像

パーソナルトレーニングジム探しをするならChoice GYM's

全国各地でおすすめのパーソナルトレーニングジムを紹介しています。

オンラインパーソナルトレーニングおすすめ9選!安くて評判の良いサービスも紹介

オンラインパーソナルトレーニングおすすめ9選!

自宅でも専門知識豊富なトレーナーから、トレーニング指導が受けられると人気のおすすめのオンラインパーソナルトレーニングサービスを紹介しています。

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

Rehour Gym【リアワージム】は「トレーニング初心者が始めやすいパーソナルトレーニングジム」をコンセプトとした、トレーニング初心者におすすめのパーソナルトレーニングジムです。
当ジムが皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!

おすすめの記事