【2022年11月】目的別おすすめの人気プロテインを紹介

目的別おすすめの人気プロテインを紹介

プロテインはアスリートや、トレーニングしている人はもちろんのこと、健康や美容を意識している人にも愛用されています。不足しがちなタンパク質や、ビタミンなどを手軽に摂取するにもおすすめです。

商品や種類も増えてきているため、さまざまな目的によって選べるようになってきています。

目的やタイミングによって、どのようなプロテインを選んだらよいのか困っている人もいるのではないでしょうか。

おすすめのプロテインを紹介しますので、購入するときの参考にしてください。

プロテイン選定方法

当サイトでは下記の内容をもとに、目的別のおすすめプロテインを選定しています。

  • 成分・原料
  • 口コミ
  • 利用者の声
  • 手軽に購入できるか

1商品ごと成分や、原料をチェックし、厳選しています。

プロテインは継続的に飲むことが重要です。そのためAmazonや楽天市場で、手軽に購入できるかどうかも判断材料の一つとしています。

目次

目的別おすすめの人気プロテイン

プロテイン

まず初めに目的ごとにおすすめのプロテインを紹介していきます。プロテインごとの特徴や、成分も合わせて紹介していきますので、選ぶ際の参考にしてください。

筋肥大・増量におすすめのプロテイン 5選

筋肉をつけてマッチョになりたい人や、体重を増やして体を大きくしたい人におすすめのプロテイン。

明治 ザバス(SAVAS)
ホエイプロテイン100

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
111kcal19.5g2.0g3.7g

飲みやすさ・おいしさで高い評価を得ているホエイプロテイン。

水でサッと溶けて、ダマになりにくくいのが特徴です。

筋肉を作るのに欠かせないタンパク質が多く含まれているのはもちろんのこと、4種類のビタミンB群、ビタミンC、ビタミンDも含まれています。

筋肉を作りながら体の調子まで整えることのでき、プロテインを飲んだことがない人にもおすすめの一品です。

他のメーカーのプロテインから乗り換えてみようと試しに購入したが、ショコラの味も甘過ぎず、又溶けやすいので気に入りました。毎朝のストレッチトレーニングの後飲んでます。

Amazonレビュー

【Myprotein(マイプロテイン)】
ホエイ・Impact ホエイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
103kcal21g1.9g1.0g

トレーニーの間で高い支持を受けているのがMYPROTEINです。

必須アミノ酸でもあるBCAAを4.5gも含まれており、筋肥大に重要な栄養素を多く含んでいます。余計ない脂質やカロリーを抑えているため、ダイエットしている人にも人気です。

水にも溶けやすく、しっかりとした甘みもついているため、デザート感覚で楽しめます。

1袋250gから最大で5kgで購入ができるので、継続的に飲む人は大きいほうを購入したほうがコスパも良くおすすめです。

値段の割に高タンパク質で、味もとっても美味しく(私はチョコがすき)、初心者さんや学生さんにもってこいだなと思いました。プロのボディビルで飲まれている方も居て信用できます!迷っているならまずはマイプロテインから始めてみてください!

Amazonレビュー

【VALX 】
ホエイプロテイン WPI パーフェクト

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
94kcal23g0.2g0.08g

メジャーリーガー多数指導のトレーナー界のレジェンド・山本義徳が完全プロデュースしたホエイプロテインです。

プロテインと言えばタンパク質という想いを胸に、驚異のタンパク質含有率96.4%を実現。

脂質や炭水化物量を極限まで抑えて、タンパク質の摂取することに重点を置いています。

サラサラとしたのど越しで、トレーニング後にもピッタリの味わいです。

グラム当たりのタンパク質含有量が決め手で購入したのですがものすごく溶けがよく、今までのプロテインがドロドロしていたので口当たりがとてもよく感じました。

Amazonレビュー

【DNS】
ホエイプロテイン スーパープレミアム

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
132kcal26.5g1.3g3.6g

筋肉をつくるために必要なタンパク質や、身体作りを促進する「HMB カルシウム」を1,500mgも配合したホエイプロテインです。

短期間で最大限の効果を得られるようNOブースター(アルギニン/シトルリン)を配合。

タンパク質量も一食あたり26.5gと、1日に必要なタンパク質量の3/1以上を摂取できます。

競技アスリートから、ボディメイクしている人まで幅広い人の身体づくりのサポートができるプロテインです。

価格だけを見たら高価だが、成分までしっかり見るとお得!HMBが入ってるプロテインはなかなかない!!

Amazonレビュー

【ゴールドジム(GOLD'S GYM) 】
CFMホエイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
114kcal24.8g0.3g2.9g

トレーニング後の吸収速度にこだわっており、7種類のビタミンのほかホエイペプチドを配合しているのが特徴的なホエイプロテインです。

タンパク質含有率81%以上で、脂質が0.3gほどと高タンパクでありながら、低脂質なのもうれしいポイント。

BCAAの組成比率が高いグリコマクロペプチド(GMP)を多く含んでいるため、身体づくり重要な栄養素も多く含んでいます。

トレーニング上級者の間で愛用されていますが、さらに体づくりをしていきたい人にもおすすめです。

色んなプロテイン飲んだけどやっぱこれだね!美味いし効果もあるし!高いけどこれからもこれに世話になる!

Amazonレビュー

ダイエットにおすすめのプロテイン 5選

ダイエットするときに最適なプロテイン。低脂質で高タンパクなうえに、低カロリーなのが魅力です。ダイエット中に不足しがちな栄養を補うのにも最適。

【ULTORA(ウルトラ)】
ホエイ ダイエット プロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
117kcal22.6g1.5g3.1g

タンパク質が豊富なうえに、ダイエット中に不足しがちなビタミン7種も配合しているホエイプロテインです。

ビタミンが多く含まれていることから、体内の代謝をスムーズに促します。

アミノ酸スコアが100と「タンパク質」と「アミノ酸」がバランスよく含まれているのも魅力。

保存料や人工甘味料、人工着色料不使用で、サラリとしたのど越しとサッパリとしたクセのない味が特徴です。

イチゴ味のプロテインを探していて やっと納得できるものを見つけました。低脂肪の牛乳で作ると 市販の苺ミルクの味になり しっかり酸味の粒も残って毎日飲んでも飽きない味でした。リピートします!!

Amazonレビュー

【FIXIT】
MAKE BALANCE ソイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
73.2kcal15.3g0.8g1.3g

2022年7月に国内最大級のショッピングモールにて、ソイプロテイン部門1位を獲得したプロテイン。

たんぱく質含有量は81.5%で、低糖質・低脂質なダイエットに最適です。

タンパク質を効率よく給できるように、6種のビタミンと3種のミネラルを配合。

乳酸菌と食物繊維もふんだんに含まれているため、腹持ちも良いのが特徴です。

保存料・増粘剤・人工着色料不使用と、健康面にも配慮されています。

初めてのプロテイン購入でしたが、美味しかったです甘すぎないココア味で、とても飲みやすい。最初に100mlくらいのお湯でしっかりシェイクすると、ダマも気になりません

Amazonレビュー

【ALPRON(アルプロン) 】
ソイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
112kcal25.4g0.5g1.7g

累計販売数150万袋を突破している人気のソイプロテインです。

生きた乳酸菌を3億7800万個配合されており、体内環境を整えてくれます。

10種のマルチビタミンを配合しており、ダイエット中に不足しがちな栄養も補うことが可能です。

1杯当たり約78円と、お財布にも優しいのが魅力的。

味もしっかりとしており、クセがなくサラサラで飲みやすいプロテインです。

これを飲み始めてから現時点で8キロ痩せました。朝はこれ一杯。昼は普通に食べる。夜はこれ飲んだ後にサラダ食べてから夕食。夕食はこれ飲んでサラダ食べたらけっこう腹が膨れるので少なく出きる。今のところ二ヶ月で8キロ痩せてます。後は仕事しているだけ。筋トレなどはしていません。

Amazonレビュー

【ザバス】
アスリート ウェイトダウン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
77kcal16g1.0g1.0g

アスリートが減量しながらも、引き締まったカラダづくりをサポートするプロテイン。

10種のビタミンに、汗で失われがちなカルシウム・鉄・マグネシウムの3種のミネラルを配合しているため、運動している人に最適です。

水にサッと溶けて飲みやすく、減量中に甘いものが食べたくなった時の代わりにも。

成分・味・コストバランスと3拍子が揃っている、ダイエットに最適なプロテインです。

ホエイプロテインに比べますと、溶けにくさや味はイマイチかもしれませんが、何せ自分的にはコチラを飲んで10kg以上のダイエットに成功しましたので、効果はアリと思ってます。

Amazonレビュー

【Kentai】
ウェイトダウン ソイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
75.8kcal14.6g1.2g2.4g

低カロリーで、高タンパクなのが魅力のソイプロテインです。

ミネラルやビタミンをはじめ、食物繊維も多く含まれている商品。ダイエット中に不足しがちな栄養を補えるのはもちろんのこと、一杯で腹持ちも良くなります。

ダイエット中に摂取したい栄養素がふんだんに含まれているため、プロテイン選びに迷っている初心者にもおすすめ。

数回振っただけですぐ溶けて、サラッとした口当たりがよいのが魅力です。

今まで色々とプロテインを試しましたが、一番美味しく飲めているので、自分には合っています。しかも溶けやすい。私はカロリーオフの豆乳とまぜて飲んでます。マラソン前の減量用に購入して筋力を維持しつつ体重を落とせているので狙い通りです。もう少しカロリー低いと1日に飲める量が増えるのでそこだけ改善して欲しい。

Amazonレビュー

美容におすすめのプロテイン 5選

タンパク質は筋肉だけでなく、髪の毛や、爪、肌を作る成分にもなっています。必要なタンパク質が摂取できることはもちろんのこと、身体のケアに必要なビタミンが多く含まれているのが魅力です。

【タマチャンショップ】
タンパクオトメ

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
55.9kcal11.0g0.5g1.6g

女性が美容に必要な栄養素をふんだんに盛り込んだ、ソイ&ホエイプロテインです。

楽天ランキングで2021年ダイエット・健康部門ジャンル大賞を受賞した商品。

1食で10g以上のタンパク質を摂取でき、ホエイとソイの両方の良いところの成分を摂取できます。

また1日に必要なビタミンや、ミネラルも1食で、ほとんど摂取できるのも魅力的です。

1食55kcalと低カロリーなので、ダイエットの時に利用するのもおすすめ。

タンパクオトメを飲んでから、心なしか髪の毛のガサガサがマシになった気がします。私は今までたんぱく質をちゃんと摂取していなかったのかと思いました。もう3回ぐらいリピートしてます。今お気に入りの飲み方は牛乳にタンパクオトメ、黒ゴマきなこを入れて飲んでいます。

Amazonレビュー

【ナチュレライフ】
キレイタンパク ソイプロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
78.8kcal15.0g1.5g1.8g

キレイを求める女性のための健康と、美容を支えるソイプロテインです。

タンパク質含有量は75%と高く、美容に必要なエラスチンや、亜鉛、鉄、ビタミンC、セラミド、ヒアルロン酸をたっぷりと含んでいます。

糖質は1食あたり0.76gと低く、ダイエットするときにもおすすめの商品です。

水でも牛乳でも、どちらに溶かしてもおいしく飲めるようにきな粉味になっています。

たいへん美味しくて飲みやすく、豆乳に入れて置き換えとして飲むと腹持ちけっこうよい。ヨーグルトにかけても美味しく食べることができ、手軽にプロテインが摂取できます。手軽に美味しくいろんな栄養素がとれるのが嬉しいです。

Amazonレビュー

【Dr.s Natural recipe】
ボタニカルライフ プロテイン

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
96kcal12.2g1.0g10.4g

女性の美容をはじめ、複合的なお悩みにアプローチできるのプロテインです。

チアシードやキヌアなど多種多様なスーパーフードや、有機植物発酵エキスなど54種の植物素材を配合。

17種類の乳酸菌や、5種のビフィズス菌、オリゴ糖が含まれており、腸内環境の改善にも効果的です。

グルテンや甘味料、着色料、香料、増粘剤、酸化防止剤不使用の、健康面にもおすすめ。

インスタでインフルエンサーが紹介していて知り、飲んでみて気に入ったので定期購入(2週1袋)しています。プロテインは初めて飲みましたが、シェイカーを使用すると簡単に混ぜることができ、粉っぽさはきなこ味だと気になりません。牛乳に混ぜるのが好きです(豆乳も試しましたが、豆感?が強すぎた)。朝に飲んでおくと調子がいいです。特に食事制限はしていませんが、肌や爪がきれいになってきて、体重が少し減りました。

Amazonレビュー

【ウイダー】
プロテイン効果

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
80kcal15.5g1.2g2.6g

きれいな理想のボディラインを目指す女性のために作られたソイプロテインです。

1食あたり大豆たんぱくを15g配合し、タンパク質含有量は70%以上と高タンパクなのが魅力。

1/2分のビタミンCや、1日分の鉄も摂取できます。

ビタミンB群も7種含まれているため、運動直後の摂取がおすすめのプロテインです。

お菓子で有名な「森永製菓」が手掛けているため、ココア感覚で楽しめます。

朝ごはんの代わりに牛乳と混ぜて飲んでいます。正直プロテインとしての効果はあまり分からないのですが、とにかく味が美味しくて毎日継続して飲んでいます!ホエイの水で飲むタイプのプロテインは味が好みでなく飲みきれなかったのですが、こちらは本当に濃いココアのような味で、これで鉄分等が摂取できるのがとても嬉しいです。お値段も他のプロテインに比べるとリーズナブルだと思うので、プロテイン初挑戦の方にはぜひおすすめです(*^^*)

Amazonレビュー

【勝山ネクステージ】
MCTホエイプロテイン スリム&ビューティー

成分(1食あたり)

エネルギータンパク質脂質炭水化物
112kcal14.2g4.1g4.6g

吸収の早いホエイプロテインに、話題のMCTオイルをプラスしたプロテインです。

ホエイを利用しているのでトレーニング後をはじめ、朝食に取り入れることもできます。

1食でMCTパウダーを5g摂取でき、脂肪をエネルギー源として燃やすことも可能。

乳酸菌や鉄分、コラーゲンも配合してあるため、ダイエットと美容の両方に効果的です。

徹底した品質管理のもと、日本製にこだわった商品でもあります。

学生時代からプロテインは飲んでたので、味のイメージをなんとなく持ってましたがいい意味で裏切られた感じ。抹茶の匂いが強くてすごく美味しいです。置き換えダイエットをしていますが、やっぱり美味しくないと続かないので、これはリピート決定です。

Amazonレビュー

プロテインとは?

プロテイン

プロテインとは牛乳に含まれる乳清や、大豆を原料に、タンパク質を粉末状にしたものです。

水や牛乳に溶かすことで、手軽にタンパク質を摂取できます。

現在では粉末状のもの以外にもゼリー状のものや、バーになっているもの、プロテイン入りのミルクまで種類も豊富です。

以前はアスリートや、筋トレしている人を中心に飲まれていましたが、現在では美容や、健康増進を目的に飲んでいる人も増えてきています。

プロテインについては、「プロテインとは?うれしい効果や種類も解説」も参考にしてください。

プロテインの種類

プロテインの種類

プロテインには大きく分けて3種類あります。

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン

ここでは各プロテインの特徴をまとめていますので、プロテインを選ぶときの参考にしてください。

プロテインの種類については、「プロテインにも種類がある?各種類のメリットやデメリットも解説」も参考にしてください。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは牛乳の乳清(ホエイ)を原料としているサプリメントです。

溶けやすく体内へスムーズに吸収されるのが魅力で、アスリートや筋トレしている人を中心に愛用されています。運動後に炭水化物と一緒に摂取することで、効率的に吸収できるのが特徴です。

ホエイプロテインにはWPIとWPCの2種類の製法があり、純度が異なります。

WPIは乳糖や、乳脂肪を極限まで取り除いているため、純度が90%ほどと高いのが魅力です。

WPCは純度が80%ほどのものが多くなっています。非常に安価で購入できるものが多いのが特徴です。

乳糖でお腹がゴロゴロするのが気になる人は、WPI製法のホエイプロテインを選びましょう。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆を原料としているサプリメントです。

タンパク質が豊富なのはもちろんのこと、大豆本来の栄養素も含まれています。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりになるとも言われており、肌の潤いを保つことや、骨粗しょう症、更年期障害の予防にも効果的です。

ソイプロテインはホエイプロテインと比べて溶けにくく、ゆっくりと吸収されていきます。

ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことや、満腹感を維持するのにおすすめです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとはホエイプロテインと同じく、牛乳の乳清を原料としているサプリメントです。

カゼインは溶けにくいのが特徴的で、体内へとゆっくりと吸収されていきます。筋肉へ長時間アミノ酸を供給できるのがメリットです。

筋肉の回復や、血中アミノ酸濃度を高めるために、アスリートやトレーニング中上級者の間で飲まれています。

夜ご飯を食べた後から就寝前までにお腹が減ってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな時にはカゼインプロテインを飲むことで、空腹感を抑えられます。

プロテインの効果

鍛えられた女性

プロテインは健康に良いと聞くけれども、実際にどのような効果があるのか気になりますよね。

ここではプロテインの効果について解説します。

プロテインの効果については、「プロテインの効果とは?効果的な飲み方も解説」も参考にしてください。

筋肉維持・増強

プロテインは筋肉をつけることや、維持するために飲まれています。

プロテインに含まれるタンパク質は筋肉をつくるための成分となるため、マッチョになりたい人は積極的に摂取することが重要です。

トレーニング後は筋繊維や、毛細血管が傷ついた状態となっており、修復するためにタンパク質が必要となります。トレーニングしている人は、普通の人よりもタンパク質を多く摂取する必要があるため、プロテインが最適です。

運動後は栄養の吸収効率が良い状態となっているため、すぐに栄養補給するのにプロテインがおすすめ。炭水化物と一緒に摂取することで、さらに効率よく吸収されます。

美容

タンパク質は筋肉だけでなく、肌や髪の毛、爪を作る成分にもなっています。

肌荒れが気になっている人は、タンパク質を摂取することで改善されることも。プロテインの種類によっては美容にも嬉しいビタミンや、ミネラルも多く含まれています。

薄毛に悩まされている人もタンパク質の摂取がおすすめです。

健康的な髪の毛を作るにはヘアサイクルを改善する必要があります。タンパク質が足りていないと循環がうまくいかず、薄毛の原因となってしまうことも。

美容面で悩みがある人も、プロテインの摂取を検討してみてください。

ダイエット

プロテインによってはゆっくりと吸収されるため腹持ちが良くなるものや、1食置き換えが可能なほど栄養が含まれているものもあります。

ソイプロテインは大豆を主成分として作られており、ゆっくりと吸収されるのが特徴です。また、食物繊維も含まれているため、食べすぎを防ぐのにも効果があります。

1日に必要なビタミンや、ミネラルを摂取できるタイプも増えてきているため、1食置き換えてカロリーを抑えることも可能です。

なかにはホエイプロテインのように置き換えダイエットに適していないプロテインもあるため、事前に確認してから飲むようにしましょう。

1日に必要なタンパク質量

粉

1日に摂取すべきタンパク質量を摂取しておくことも重要です。

男性女性
18~29歳65g50g
30~49歳65g50g
50~64歳65g50g
65~74歳60g50g
75歳以上60g50g

参考:公益財団法人長寿科学振興財団

上記の表のタンパク質量を1日で摂取することが重要です。ただし上記の表は平均値であり、基本的には体重1kgあたり1g摂取しましょう。

アスリートや、トレーニングを頻繁に行う人は、体重1㎏あたり2gのタンパク質が必要です。

体重65kgの人であれば65g、体重65kgのアスリートやトレーニーは、130gも摂取する必要があります。

この量を食べもので例えると鶏むね肉であれば約400g、卵であれば約6個に相当。アスリートやトレーニーの場合には、この倍を食べる必要があります。

毎日これだけの量を意識して食べ続けるのも大変ですよね。

そこでプロテインを飲んで、足りていない量を補うようにするのがおすすめです。

タンパク質量については、「タンパク質とは?摂取するメリットやおすすめの食べ物を紹介」も参考にしてください。

プロテインを飲むタイミング

飲み物を飲んでいる人

プロテインはタイミングによって使い分けることで、さらに効果を高めることができます。

特にトレーニング後30分以内はゴールデンタイムともよばれており、栄養を最も吸収しやすいタイミングです。ホエイプロテインのように消化吸収の良いものを選ぶことで、効率よく栄養補給ができます。

特に筋肉をつけたい人や、体を大きくした人は、トレーニング後のタイミングを逃さないようにしましょう。

食事と一緒や、間食としてプロテインを飲むのもおすすめです。

ソイプロテインはホエイプロテインと比べてゆっくりと吸収されるため、腹持ちも良くなります。

ダイエット中の空腹感を抑えることや、食べ過ぎの予防として飲まれることも。

目的に応じてもプロテインの飲むタイミングや、種類を使い分けるようにしましょう。

プロテインを飲むタイミングについては、「プロテインの飲むタイミングとは?正しい知識について」も参考にしてください。

プロテインの選び方

プロテイン

さまざまな種類のプロテインを紹介してきましたが、どれを選んだらよいのか迷いますよね。

おすすめの選び方について解説しますので、商品を購入するときに参考にしてください。

プロテインの選び方については、「プロテインの選び方とは?自分に合った商品の探し方を紹介」も参考にしてください。

目的によって選ぶ

プロテインは筋肉を大きくしたい人、ダイエット、美容の3つの目的で使い分けることができます。

筋肉をつけてマッチョになりたい人や、体を大きくしたい人はホエイプロテインがおすすめです。トレーニングしている人の相性がよく、運動後に飲むことでスムーズに吸収されます。

ダイエットや美容目的で、あまり運動しな人はソイプロテインがおすすめです。ソイプロテインは大豆からできているためヘルシーで、ダイエットで不足しがちな栄養も多く含まれています。

運動しながらダイエットする人は、ホエイプロテインを選びましょう。ホエイプロテインの中にも低カロリーで高タンパクなものもあります。

味で選ぶ

プロテインは短期間飲み物ではなく、飲み続けることが重要なサプリメントです。味が合わなかったために途中で挫折してしまった人も多く、選ぶ際には味も重視する必要があります。

ココア味やコーヒー系、チョコレート系は甘くて飲みやすいため、初めて飲む人におすすめです。甘いのが苦手な人は甘味料不使用のフルーツ系のプロテインを選びましょう。

味と合わせてパウダーの溶けやすさも重要です。溶けにくくダマになってしまうものは舌触りも悪く、あまりおいしくありません。

昔飲んでいた方は粉っぽく、おいしくないイメージがある人もいるのではないでしょうか。現在は味の改良も行われており、デザート感覚で楽しめるほど味もよく、おいしくなっています。

ぜひ、この機会に飲み始めてはいかがでしょうか。

コスパで選ぶ

プロテインの価格帯も広いため、1食あたり60円ほどのものから100円を超えるものまであります。

1食あたりの料金が高い商品を継続して飲み続けると、家計を圧迫してしまうことにもなりかねません。

気に入った商品や、味が見つかった場合には、5kgなどの大容量品を買うことで安く抑えられます。

ホエイプロテインを購入するときには、WPC製法が比較的安価な商品が多くおすすめです。

タンパク質含有率で選ぶ

タンパク質含有率とは1食あたり、何%のタンパク質が含まれているかを表わした数値です。

割合が高ければ高いほど少ない杯数で多くのタンパク質を摂取できます。

プロテインを購入するときには、75%以上含まれているものを選ぶのがおすすめです。

ただし含有率が低いのが粗悪品というわけではなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が多く含まれていることもあります。

しかしタンパク質を効率よく摂取するためにも、少しでも割合の高い商品を選ぶようにしましょう。

プロテインの飲み方

プロテインを作っている人

プロテインは商品よって異なりますが、付属のスプーン1~3杯を水などに溶かして飲みます。1食あたり15g~25gほどのタンパク質を摂取可能です。

プロテインパウダーに味がしっかりと付いているため、水に溶かすだけで十分においしく飲めます。水以外でも牛乳や、コーヒー、100%ジュースに溶かして飲むのもおすすめです。

プロテインの甘さが気になる人は、コーヒーに混ぜることでおいしく飲めます。

水に溶かす飲のに飽きてしまったときにはパンケーキや、チョコバーの材料として使うのもおすすめです。ただし栄養価が損なわれることもありますので、注意してください。

プロテインの飲み方については、「プロテインにはどんな飲み方がある?様々な飲み方を紹介」も参考にしてください。

プロテインに関するQ&A

プロテイン

ここではプロテインに関していただく、よくある質問について回答していきます。

これから飲み始める人や、すでに飲んでいる人も参考にしてください。

飲むと太るってホント?

プロテインを飲んだからと言って、太るわけではありません。

太ってしまったと感じる人の多くは普段の食生活で、すでに摂取カロリーが消費カロリーよりも超えている可能性があります。

自分の食生活で脂質や、炭水化物を摂りすぎていないか確認してみてください。

プロテインを飲むと太るのかどうかは、「プロテインを飲むと太るってホント?飲んだほうが良い理由を解説」も参考にしてください。

摂りすぎるとどうなる?

タンパク質量は最大でも、体重1kgあたり2gまでにしておきましょう。

これ以上摂取すると腎臓で処理しきれず、悪影響となってしまうこともあります。

運動する人であれば1日2~3杯ほど、運動習慣のない人は1~2杯ほどにしてください。

ファスティングダイエットはできる?

プロテインの種類によってはできるものもありますが、正しいやり方で行うことが重要です。

いきなり3食すべてを置き換えるのではなく、1食だけ置き換えたり、間食をプロテインにしたりしましょう。

長期間置き変えるのではなく、2~3日程度で普通の食生活にするようにしてください。

ファスティングについては、「プチ断食にはプロテインがおすすめ!ファスティングの方法も紹介」も参考にしてください。

紹介したプロテイン比較表

プロテイン

筋肥大・増量

商品名エネルギータンパク質脂質炭水化物
【明治 ザバス(SAVAS)】
ホエイプロテイン100
111kcal19.5g2.0g3.7g
【Myprotein(マイプロテイン)】
ホエイ・Impact ホエイプロテイン
103kcal21g1.9g1.0g
【VALX 】
ホエイプロテイン WPI パーフェクト
94kcal23g0.2g0.08g
【DNS】
ホエイプロテイン スーパープレミアム
132kcal26.5g1.3g3.6g
【ゴールドジム(GOLD'S GYM) 】
CFMホエイプロテイン
114kcal24.8g0.3g2.9g

ダイエット

商品名エネルギータンパク質量脂質炭水化物
【ULTORA(ウルトラ)】
ホエイ ダイエット プロテイン
117kcal22.6g1.5g3.1g
【FIXIT】
MAKE BALANCE ソイプロテイン
73.2kcal15.3g0.8g1.3g
【ALPRON(アルプロン) 】
ソイプロテイン
112kcal25.4g0.5g1.7g
【ザバス】
アスリート ウェイトダウン
77kcal16g1.0g1.0g
【Kentai】
ウェイトダウン ソイプロテイン
75.8g14.6g1.2g2.4g

美容

商品名エネルギータンパク質量脂質炭水化物
【タマチャンショップ】
タンパクオトメ
55.9kcal11.0g0.5g1.6g
【ナチュレライフ】
キレイタンパク ソイプロテイン
78.8kcal15.0g1.5g1.8g
【Dr.s Natural recipe】
ボタニカルライフ プロテイン
96kcal12.2g1.0g10.4g
【ウイダー】
プロテイン効果
80kcal15.5g1.2g2.6g
【勝山ネクステージ】
MCTホエイプロテイン スリム&ビューティー
112kcal14.2g4.1g4.6g

目的に合ったプロテインを探してみよう!

プロテインを飲んでいる人

目的別におすすめのプロテインを紹介しました。

タンパク質が豊富に含まれているのはもちろんこと、ビタミンやミネラルも多く含まれているのが特徴です。肌の潤いや、ケアに役立つ栄養素がふんだんに盛り込まれた美容系の商品もあります。

今回紹介したプロテインには、ほかの味の種類もあるので、好みのものを探してみるのもおすすめです。

ぜひ、当記事を参考に目的に合った、自分好みのプロテインを見つけてみてください。

今回紹介したプロテインメーカー一覧

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ