プロモーションを含みます。

【2024年6月】トレーニングチューブおすすめ7選!選び方から女性向けの商品まで解説

トレーニングチューブおすすめ7選!選び方から女性向けの商品まで解説 おすすめアイテム

上半身や下半身など様々な部位を鍛えられるトレーニングチューブ。

ひも状の商品から、ハンドルと呼ばれる持ち手が付いているものまで、様々な商品があります。

商品の種類も豊富にあるので、どれを選べば良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

当記事ではおすすめのトレーニングチューブを紹介していきますので、参考にしてみてください。

⇒すぐにおすすめの商品を確認したい人はコチラ

トレーニングチューブとエクササイズバンドの違い

トレーニングしている人

トレーニングチューブと似たようなトレーニンググッズに、エクササイズバンドがあります。どちらの商品もダンベルなどの高重量トレーニングと比べて身体への負担も低く、ダイエットからリハビリまで様々なトレーニングができるのが特徴です。

エクササイズバンドはリング状のチューブに腕や、脚を通して鍛えられます。主に下半身を中心に鍛えたい人におすすめです。

トレーニングチューブは一本のヒモのようなチューブ状のもので、使い方次第で様々な部位を鍛えれます。全身バランスよく鍛え足り人はトレーニングチューブを利用するのがおすすめです。

トレーニングチューブの選び方

トレーニングチューブ

ここではトレーニングチューブの選び方を解説していきます。

トレーニングチューブの種類も豊富にあるので、ご自身に合った商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

トレーニングレベルにあった強度で選ぶ

トレーニングチューブにはいくつか強度があります。

強度にはソフト・ミディアム・ハードの3種類があり、固くなるにつれて負荷も高くなるのが特徴です。ご自身のトレーニングレベルに合わせて、強度を選ぶのがポイント。

トレーニングを始めたばかりの女性や、トレーニング初心者の人はソフトタイプから始め、男性の場合はミディアムタイプを購入するのがおすすめです。

トレーニング強度が分かりにくい場合には、複数の強度がセットになっているものを選びましょう。トレーニングの目的や、部位によって使い分けられるので、様々なエクササイズができるようになります。

ハンドルが付いているタイプかチューブだけのタイプか

トレーニングチューブにはトレーニングしやすいように持ち手(ハンドル)が付いているタイプと、チューブだけの2種類があります。

ハンドルが付いているタイプはしっかりと握ることができ、力も入れやすく、安全性も高いため、トレーニング初心者の人におすすめです。

ハンドルの付いていないタイプのトレーニングチューブは、使い方のレパートリーが多いため、中・上級者の人に向いています。

例えばチューブの先を柱や、ドアに巻き付け、引っ張る角度を変えることで、鍛え方を変更することも可能です。

チューブの素材で選ぶ

チューブを素材で選ぶ時は、素材を確認しておくことも重要です。

粗悪な素材を使用しているものは耐久性が低くいため切れやすく、特有の臭いがするものもあります。

耐久性が低いものはトレーニング中に強い負荷がかかると切れてしまう場合もあり、ケガしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

トレーニングチューブのおすすめの素材は天然ゴムのラテックス素材です。ラテックス素材は強度もしっかりとしており、不快な臭いもほとんどしません。

おすすめのトレーニングチューブ

ここからはおすすめのトレーニングチューブを紹介していきます。ぜひトレーニングチューブを選ぶ際の参考にしてみてください。

STEADY トレーニングチューブ

負荷素材
4.5kg~22.7kg天然ゴム

メディア掲載多数、SNSでも話題の自宅フィットネス器具ブランドのトレーニングチューブです。

強度が異なる5本のチューブが入っており、トレーニングレベルに合わせて利用できます。強度も一目見てわかりやすいよう、色分けされているのが特徴です。

ドアアンカーやアンクルストラップもセットになっているため、様々なトレーニングに対応しています。

使い方のマニュアルもあるので、トレーニング初心者の人でも利用しやすいのが魅力です。

TheFitLife トレーニングチューブ

負荷素材
5kg~18kg天然ゴム

TheFitLifeのトレーニングチューブは10~40ポンドの5種類あります。低強度から高負荷のものまであるため、トレーニング初心者から上級者まで利用可能です。

チューブはカラーによって負荷が分けられているため、強度が分かりやすいのも魅力。

また、ハンドルの部分は他の種類に変更ができるので、トレーニング種目に合わせて自在に付け替えができます。ドアアンカーも付属しているため、ドアに引っ掛けてトレーニングするときにも便利です。

FREETOO フィットネスチューブ

負荷素材
約7㎏~約80㎏天然ゴム

細くて厚みのあるのが特徴のトレーニングチューブです。

強度は5段階あるため、トレーニングの目的や、部位に合わせて負荷を調整できます。

最大強度は175ポンド(約79㎏)もあり、トレーニング上級者まで本格的なトレーニングでも利用可能です。

購入から365日間の保証も付いています。一度使いやすさなどを、気軽に試してみることも可能です。

しっかりと太さのあるチューブのため、切れにくく丈夫なのも魅力。

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB)エクササイズバンド ハンドル付 KW-756

負荷素材
30cm 約1.9kg
60cm 約3.4kg
‎TPE(熱可塑性エラストマー)・ポリアセタール・ナイロン・ポリプロピレン・ニトリルゴム

筋力トレーニングをはじめ、有酸素運動など、様々なトレーニングで利用しやすいトレーニングチューブです。

チューブは長さを調整できるので、トレーニングレベルに合わせて負荷も調整ができます。

ハンドル部分は握りやすいようソフトタイプ。トレーニング初心者の人でも安心して、しっかりと握れます。

先端はフック状になっているので、筋力トレーニング以外にも、有酸素運動する際にも利用しやすいのが魅力です。

NORTHDEER トレーニングチューブ

負荷素材
18.2kg~22.8㎏フォーム

チューブ、バンド、バーの3種類の運動器具が揃った商品です。

チューブとバーを組み合わせることでベンチプレスや、スクワット、バーベルカールなどの本格的なトレーニングもできます。

チューブも長さ違いが2種類入っているので、トレーニングの目的に合わせて調整しやすいのが特徴です。

トレーニングバーも分解して保管ができるため、収納・保管もしやすくなっています。

また、持ち運びも簡単にできるので、室内だけでなく屋外でトレーニングすることも可能です。

K-KRAMトレーニングチューブ

負荷素材
4.6kg~13.6㎏熱可塑性エラストマー(TPE)

女性アスリート推薦の女性におすすめのトレーニングチューブです。

使いやすい125cmの長さで、負荷も4.6kg~13.6㎏と5種類あり、トレーニングに合わせて調整しやすくなっています。また、女性が使いやすいように、軽めの負荷があるのが特徴です。

カラビナやアンクルストラップも入ったすぐ使えるセットで、収納袋も付いています。

女性から人気の高いデザインを採用。かわいらしいデザインでトレーニングのモチベーションも高まること間違いありません。

D&M セラバンド TUBE

負荷素材
-1~+4天然ゴム

シンプルなチューブで、様々なトレーニングに対応できるトレーニングチューブです。

握る部分のハンドルが付いていないタイプで、握り幅を調整しながら負荷の変更ができます。また、柱などに巻き付けることでトレーニングのレパートリーを増やせるのが特徴です。

62種類のトレーニングを掲載したマニュアルも付いてくるので、トレーニングのやり方でも安心して取り組めます。

チューブの素材も柔らかいので、手に食い込みにくく、握りやすいのも魅力です。

トレーニングチューブに関するよくある質問

トレーニングしている人

トレーニングチューブを購入するにあたって、よくある質問を紹介していきます。

トレーニングチューブはどこで購入できますか?

Amazonや楽天などのECサイトで購入できます。

また、ECサイトでの購入に不安があるという人は、トレーニング器具を販売している専門店や、量販店を利用してみてください。

価格はどのくらいですか?

トレーニングチューブは1,000円ほどから購入ができます。

価格が高い商品ほど素材が良く、種類やアタッチメントなどのオプションも多く封入されています。

おすすめのトレーニングチューブまとめ

トレーニングしている人

おすすめのトレーニングチューブを紹介しました。

トレーニングチューブによって強度や、素材、持ち手の有無などが異なります。トレーニングレベルや、予算に応じて、ご自身に合ったものを選ぶのがおすすめです。

ぜひ当記事を参考に、目的に合ったトレーニングチューブを見つけてみてくださいね。

トレーニングにおすすめの関連記事

トレーニングのレベルを向上させたい人や、トレーニングの効率を高めたい人はギアや、グッズ、プロテイン、宅食サービスを利用してみましょう。

トレーニングアイテムを揃えることでトレーニングパフォーマンスの向上や、ケガの予防に効果があります。また、プロテインや宅食サービスを利用することで、トレーニングの効果を高めることも。

下記の記事でおすすめのアイテムや、宅食サービスを紹介しています。

Choice GYM's画像

パーソナルトレーニングジムポータルサイト「Choice GYM’s」

全国各地でおすすめのパーソナルトレーニングジムを紹介しています。

オンラインパーソナルトレーニングおすすめ9選!安くて評判の良いサービスも紹介

オンラインパーソナルトレーニングおすすめ9選!

自宅でも専門知識豊富なトレーナーから、トレーニング指導が受けられると人気のおすすめのオンラインパーソナルトレーニングサービスを紹介しています。

筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当

筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当4選

筋トレやダイエットしている人におすすめの宅食サービスを紹介しています。食事管理が苦手な人や、自炊する時間がない人におすすめです。

筋トレにおすすめのトレーニングギア8種を紹介

筋トレにおすすめのトレーニングギア8種

自宅で筋トレを頑張りたい人や、自重トレーニングの効率を高めたい人におすすめのトレーニンググッズを紹介しています。

目的別おすすめの人気プロテインを紹介

目的別おすすめの人気プロテインを紹介

筋トレ後におすすめのプロテインや、ダイエットに効果的なプロテインを目的別で紹介しています。

筋トレ器具おすすめ14選!自宅で使いやすい商品を紹介

筋トレ器具おすすめ14選!自宅で使いやすい商品を紹介

自宅で筋トレを頑張りたい人や、自重トレーニングの効率を高めたい人におすすめのトレーニンググッズを紹介しています。

参照文献

記事の執筆者
torero

toreroはダイエットや、トレーニングを始めたばかりの人や、これから始めようとしている人のサポートメディアです。最新のトレーニング・ダイエット情報、おすすめのトレーニングギアなども紹介しています。

おすすめアイテム