ストレッチの効果とは?種類や注意点・ポイントも解説

ストレッチの効果とは?種類や注意点・ポイントも解説

トレーニングや運動の前後でストレッチを行っていますか?

ストレッチには筋肉の柔軟性を身に着ける以外にもさまざまな効果があるため、トレーニングの前後に行うことがおすすめです。

どのようなやり方があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ストレッチの効果や、メリットについて解説しますので参考にしてください。

ストレッチで得られる効果

ストレッチしている女性

ストレッチ行うことで、様々な効果を得ることができます。

そこで、ストレッチにはどのような効果があるのかをまとめていきますので、参考にしてみてください。

疲労回復効果

ストレッチを行うことで、疲労回復効果があります。

ストレッチで、血流を促進してあげることで、筋肉にたまった疲労物質である乳酸を流してあげることができるため、疲労回復に効果があるのです。

ストレッチで疲労回復を得るにはゆっくりと行うことが大切となります。勢いをつけたストレッチでは、疲労回復工が薄くなってしまいますので注意が必要です。

気持ちよく伸びを感じるような方法で、ストレッチを行うようにしましょう。

トレーニングとの相性も良いので、筋トレ後には積極的に取り入れましょう。

疲労回復については「仕事帰りのジム通いで疲れを残さない方法を解説」も参考にしてください。

ケガの予防

ストレッチを行うことで身体の柔軟性が上がり、ケガの予防にもなります。

ストレッチには、関節可動域を広げる効果があるため、腱や靱帯などの損傷を防ぐことに期待ができるのです。特に捻挫などのケガをしやすい人は、ストレッチを入念に行っておくのが良いでしょう。

また、スポーツなどを行う人や、アスリートの人はケガの予防のためにも、日ごろから継続してストレッチを行うようにしてください。

運動パフォーマンスの向上

ストレッチを行うことで柔軟性が上がり、スポーツパフォーマンスの向上にも期待ができます。

ストレッチをすることで関節可動域が広がりますので、動きが滑らかになり、パフォーマンスが向上するのです。柔軟性がアップすることは、新体操などの柔軟性が必要な競技だけでなく、様々なスポーツでパフォーマンスを上げることができます。

ただし、運動パフォーマンスを向上させるストレッチでは、伸ばしすぎに注意が必要です。ストレッチをしすぎてしまうと、パフォーマンスが落ちてしまうこともあります。

運動パフォーマンスを向上させるには、ラジオ体操などの動きのあるストレッチを行うのが良いでしょう。

スポーツパフォーマンスについては、「アスリートが実践している誰でもできるリカバリー方法とは?」も参考にしてください。

肩こり・腰痛の改善

肩こりと腰痛の原因の一つに、血流が悪くなったことによるコリがあります。

特にデスクワークや、運転、講義など、あまり動かない人ほどコリやすいです。動かないことで血流が悪くなってしまい、痛みを生じることもあります。

ストレッチすることで肩回りや、腰の血流の改善が可能です。

肩こりの改善をしたいときには、肩甲骨を中心に動かしましょう。肩甲骨を動かすことで、肩回りの筋肉を多く動かすことができます。

腰痛の場合には腰や、お腹周りをはじめ、もも裏、お尻のストレッチで改善することが可能です。

肩こり・腰痛の改善は下記の記事も参考にしてください。

肩こりはトレーニングで解消できる?原因と職場でもできる解消法

腰痛の原因は筋肉あり?トレーニングが効果的な理由について

リラックス効果

ストレッチは、ゆっくり行うことでリラックス効果を得ることができます。

ストレッチをゆっくり行うと、副交感神経が優位に働くのでリラックスをできるのです。

リラックス効果を得るためのストレッチは、ゆっくりと伸ばしながら行うようにしましょう。また、呼吸もゆっくりと吸って吐くように意識すると、さらにリラックス効果が高まります。

睡眠前などにゆっくりとストレッチを行うことで、睡眠の質を高めることもでき、疲労回復にもつながるでしょう。

血行の促進

ストレッチには血流を促進する効果があります。

ストレッチで血流が改善されることにより基礎代謝が上がり、冷え性やむくみの解消にもつながるのです。また、血流が良くなると筋肉もほぐれていきますので、肩こりや腰痛の軽減にも期待が持てます。

朝からストレッチをすると基礎代謝を上げることができますので、ダイエットをしている人にとってはおすすめです。

ストレッチをすることで結構の促進がさ冷え性やむくみの改善、肩こり・腰痛の改善にもできますので、ぜひ行ってみてください。

ストレッチの種類

ストレッチしている女性

ストレッチの方法は4種類あります。

  • スタティックストレッチ(静的)
  • ダイナミックストレッチ(動的)
  • バリスティックストレッチ
  • パートナーストレッチ

4種類の各方法について紹介しますので、参考にしてください。

スタティックストレッチ

スタティックストレッチとは、ゆっくりと伸ばすストレッチ法です。

30秒以上をかけてゆっくりと、反動や勢いをつけずに行うと良いでしょう。

スタティックストレッチは疲労回復を目的としている人や、リラックス効果を得たいという人におすすめの方法となります。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチとは、動きながら行うストレッチ法です。

イメージで言うとラジオ体操などがわかりやすいでしょう。

特に運動前やトレーニング前に行うことで身体が良くほぐれ、パフォーマンスの向上につながります。

バリスティックストレッチ

バリスティックストレッチとは、反動をつけて行うストレッチ法です。

バリスティックストレッチは、柔軟性を向上させたいときによく用いるストレッチとなります。

身体が固い人は、ランニング後などの体を温めた後に行うことで効果が高まりますので、試してみてください。

パートナーストレッチ

パートナーストレッチとは、誰かにお願いをして2人でストレッチ行うストレッチ法です。

1人では伸ばしきれない部位や、伸びが弱い場合にお願いをすることで効果を高めることができます。

また、柔軟性の向上をさせたい場合にもパートナーストレッチを行うことで、効果が高まるのでおすすめです。

ストレッチの効果を高めるのにおすすめのタイミング

ストレッチしている女性

ストレッチはいつでも気軽に行うことができますが、タイミングによって使い分けることも大切です。

そこで、いつストレッチを行うのが良いのかおすすめのタイミングを紹介していきますので、参考にしてみてください。

トレーニング前

1つ目はトレーニング前に、ストレッチを行うのがおすすめです。

トレーニング前のストレッチには、ケガ予防やパフォーマンスの向上などが期待できます。

トレーニング前に行うストレッチは、ゆっくりと伸ばすようなストレッチを行うのではなく、ラジオ体操のような動きのあるストレッチをするようにしましょう。動きのあるストレッチをすることで関節可動域が広がったり、筋肉をほぐすことができたりします。

反対にゆっくりとしたストレッチをしてしまうと、パフォーマンスが下がってしまう可能性もありますので注意が必要です。

トレーニング後

2つ目はトレーニング後にストレッチをすることです。

トレーニング後のストレッチでは、疲労回復効果に期待ができます。トレーニング後や運動後は、筋肉に乳酸がたまっている状態のため、血流が悪くなってしまいます。

そこで、ストレッチをしてあげることで血流が改善し、次の日の疲労感や筋肉痛などを軽減することにつながるのです。

トレーニング後にストレッチをする際には、ゆっくりと動きの少ないストレッチをするようにしましょう。呼吸を意識しながら30秒以上かけて、ゆっくりと伸ばしてあげることがポイントです。

お風呂上り

お風呂上がりのストレッチも効果的です。

お風呂上りは体温が上がっているため身体がほぐれており、柔軟性の向上につながります。

また、お風呂上りはリラックスできている状態です。そのため、ストレッチをしてあげることで、さらにリラックス効果が高まり、疲労回復効果や睡眠の質の改善にもつながります。

お風呂上りにストレッチをする際には、トレーニング後同様に、ゆっくりとしたストレッチをしてあげるのがおすすめです。

ストレッチの時に気を付けるポイント

ストレッチしている男性

ストレッチの効果を高めるために、気を付けておきたいことについてです。

気を付けておきたいポイントを抑えることで、ストレッチの効果が高まりますので、ぜひ試してみてください。

急激に伸ばさない

ストレッチを始める際には、いきなり急激に行わないことです。

急激に伸ばしてしまうと筋肉を損傷させてしまう可能性もあり、ケガにつながってしまう場合もあります。せっかくケガの予防のために行っていたとしても、ケガをしてしまっては意味がありません。

まずは、ゆっくりと伸びを感じながらストレッチ行うのがおすすめです。

動的な動きがあるストレッチを行う際も、いきなり激しいのことから始めるのではなく、徐々に強度を上げてストレッチをしていくようにしますしょう。

呼吸はゆっくりと行う

ストレッチをする際には呼吸法を意識するのもおすすめです。

ストレッチでは、ゆっくりとした呼吸で行うことにより筋肉が伸びやすくなります。

ストレッチ中に呼吸を意識する際には、筋肉を伸ばすと時には息をゆっくりと吐き、戻すときには息をゆっくりと吸うようにして行うのがポイントです。

また、トレーニング後や運動後など息が上がっている状態の時には、ストレッチをしながら呼吸を整えてあげることでリラックス効果も高まります。

呼吸とストレッチの伸ばすタイミングは重要ですので、筋肉を伸ばすことだけでなく、呼吸をすることも出意識してみてください。

正しい姿勢で行う

ストレッチを行う際には、正しい姿勢で行うことがポイントです。

無理な姿勢や間違った方法でストレッチをしてしまうと、効果があまりないだけでなく、ケガにもつながってしまいます。

まずは、ストレッチの動作の正しいやり方について学ぶようにしましょう。ストレッチの動きは簡単ではありますが、簡単だからこそ意識しなければいけないことも多くあるのです。

ストレッチは正しいやり方で行うことで、効果を最大限に高めることができます。ストレッチのやり方があいまいな場合には、トレーナーに相談したり、知識のある人に質問したりして、適切な方法で行うようにしましょう。

正しいストレッチの方法で効果を高めよう

ストレッチしている人

ストレッチには、柔軟性を高めることだけでなく、リラックス効果やパフォーマンスの向上を高めることもできます。

しかし、間違ったやり方でストレッチを行ってしまうと、効果があまりないだけでなく、ケガにもつながってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ストレッチの効果を高めるためにも、正しいフォームを身に着けることはもちろんのこと、呼吸法なども学ぶようにすると良いでしょう。

ぜひ、当記事を参考にしていただき、ストレッチの正しい知識を身に着けてみてください。

当記事を読んで「トレーニングしてみたい」「身体を変えたい!」「一人でできるか不安」「もっと知りたい」と思った方は、ぜひパーソナルトレーニングジムの利用をご検討ください。Rehour Gym「リアワージム」では一人一人の目標・目的に沿ったプログラムや、食事・栄養指導をさせていただきます。ダイエットやボディメイクのみならず、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上、健康増進のお手伝いもさせていただきます。

当パーソナルジムが気になった方は、まず無料カウンセリングからお問い合わせください。

筋トレや食事管理に不安のある方は、無料カウンセリングにお越しください。あなたの目標を全力でサポートさせていただきます!

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事