ダイエット中に口が寂しい時におすすめの解消法を紹介

ダイエット中に口が寂しい時におすすめの解消法を紹介

ダイエット中は食事制限していることから、口が寂しくなってしまいますよね。

口が寂しくなるとついつい砂糖を多く含んだ甘いお菓子に手が伸びてしまうことや、ストレスが溜まってイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

ダイエット中に何か食べたくなった時におすすめの食品や、対処法を紹介します。

ダイエット中に口が寂しくなる原因

果物を食べている人

ダイエットしていると普段以上に口が寂しくなることが多くなる人もいるのではないでしょうか。

口が寂しくなる原因を解説します。

食べる習慣が減った

ダイエット中は食事制限するために間食の回数や、1食あたりの量が減ることも多いと思います。

普段からちょっと小腹がすいたら何かを口にしていた人にとっては、食べる習慣が減ることで口が寂しくなることが多いです。

また、食生活が不規則だった人が規則正しい食生活に戻すことも原因となります。身体が栄養補給するタイミングを覚えているため、その時間になると食べ物を欲するからです。

食生活が変わると最初のうちはつらいかもしれませんが、徐々に慣れていくこともあります。

強いストレスを感じている

ダイエット中は大好きな食事を制限しているため、ストレスを感じることも多くあります。

ストレスを感じているときに仕事や、私生活でさらにストレスを受けることもあるのではないでしょうか。

人はストレスを受けることで、精神状態を安定させようと脳からセロトニンという物質を欲します。

セロトニンは運動や日光を浴びることで分泌されますが、糖質を摂取することでも一時的に分泌することが可能です。

ストレスが溜まると自然に甘いものが食べたくなることや、糖質の多いものを食べたくなります。

糖質の多いお菓子を食べすぎていた

ダイエットする前に糖質の多い甘いお菓子や、小麦製品を食べていた人も、口が寂しくなりやすくなります。

これらの製品は依存度が高いため、定期的に体が欲しようとするのが原因です。

時間がたつことで改善はされていきますが、初めのうちはなるべく我慢しましょう。

どうしても食べたくなった時には、糖質の含まれていないものを食べるのがおすすめです。

ダイエット成功後に食べることも多くなると思いますが、依存性が高くリバウンドの原因にもなります。食べるのを禁止するのではなく、今までよりも食べる回数を控えるようにしましょう。

暇なとき

何もすることがなく、暇になった時も注意してください。

特に暇になるとちょっとお菓子をつまんでいた人や、何かしら口にしていた人は口が寂しくなることがあります。

これは定期的に食事していたこともありますが、一番は脳が刺激を欲していることが原因です。

暇になって何か食べたいと感じた時には、何か集中できる作業をしましょう。特に両手がふさがるような作業をすることで脳が刺激され、気分を紛らわすこともできます。

口が寂しくなった時は食べてもいい?

食事風景

口が寂しくなった時に食べないようにするとストレスが溜まり、つらくなっていく人も多いと思います。

どうしても食べたいときは我慢せずに、何か食べるようにしましょう。ダイエットが成功しない原因の一つにストレスもありますので、解消させることも大切です。

しかし食べるモノには注意しましょう。

糖質の多く含む甘いお菓子や、炭水化物を多く含む食べ物を食べてしまうと太ってしまう原因となります。

ダイエット中に何か食べるときには低カロリーで高タンパクな食品がおすすめです。タンパク質は筋肉を作ることや、爪、髪の毛、肌を生成する成分にもなるため、美容にも効果があります。

口が寂しくなったときにおすすめの食品5選

卵

口が寂しくなった時にどのようなものを食べたらよいのか、知りたい人もいるのではないでしょうか。

ダイエット中におすすめの食品5選を紹介します。

ゆでたまご

ゆでたまごは低カロリーかつ高タンパクなため、ダイエット食品としてもおすすめです。たまご1つ(100g)あたりタンパク質が13gも入っています。

ゆでたまごの調理も茹でるだけなので、余計なカロリーが増える心配もありません。腹持ちも良いため、空腹になりやすい人にもおすすめです。

簡単に作れることからことからも、調理が苦手な人でも問題なく作れます。

ただしマヨネーズのように脂質の多いドレッシングは避けて、食べるようにしましょう。

サラダチキン

サラダチキンはカロリーが高く見えそうですが、意外にヘルシーな食品でもあります。

サラダチキンの重さは1パックあたり110~125g程度で、カロリーは125kcalと低カロリーです。

タンパク質量も25~28gほどと豊富なため、タンパク質補給にもおすすめと言えます。

サラダチキンはしっかりとした食べ応えもあるため、満腹感を感じやすいのも特徴です。よく噛んで食べれば腹持ちも良くなるため、空腹を感じにくくなります。

プロテインバー

プロテインバーはタンパク質を多く含んだ栄養食品です。

一本(100g)当たり25gのタンパク質を補給できます。

プロテインバーはタンパク質だけでなくビタミンや、カルシム、鉄分が含まれている種類もあるため、栄養管理の面でもおすすめです。

味もチョコレートや、キャラメル、グラノーラとさまざまな種類があるため、スナック菓子感覚で食べることもできます。

またクッキータイプのものから、ブラウニータイプのものまで種類も豊富です。自分の好きなタイプを選ぶとよいかもしれませんね。

コンビニでも手軽に購入できるので、おやつ代わりとしてもおすすめです。

バナナ

バナナは栄養価が高く、消化・吸収が良い果物です。

バナナに含まれるカリウムは体内の余計な塩分を排出してくれる効果もあるため、むくみの解消にもなります。

食物繊維も多く含まれているので、便通の改善や腹持ちを良くさせるのにも効果的です。

また、必須アミノ酸のメチオニンや、リジンも含まれているため、脂肪燃焼効果もあります。

効率よく栄養補給をし、脂肪燃焼したい人は、バナナを定期的に食べるのがよいかもしれませんね。

ヨーグルト

ヨーグルトは高タンパクかつ、低カロリーの食品としてもおすすめです。

タンパク質以外にもビタミンA・B1・B2もバランスよく含まれているため、栄養価も高い食品。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を改善させる効果もあります。腸内環境が良くなることで便通の改善にも役立ち、便秘の解消にも効果的です。

ヨーグルトにバナナなどのフルーツと、少量のはちみつをかけることで、デザート感覚で食べることもできます。

最近ではオイコスのように満腹感を満たせるヨーグルトも増えてきており、ダイエットにおすすめの食品です。

間食する際に気を付けること

ガム

口が寂しくなった時に間食することは問題ありませんが、いくつ注意すべき点があります。

注意点をまとめますので、参考にしてください。

1日の消費カロリーを超えないようにする

ダイエットするときに重要なのが、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーが超えないことです。

摂取カロリーが超えてしまうと太ってしまう原因となります。

まずは自分が1日にどのくらいカロリーを消費していて、食事から摂取しているのかを計算しましょう。計算したカロリーよりも少なるように、間食の食品を選ぶのがおすすめです。

食品の種類も豊富にあるので、超えないような食べものを選ぶようにしてください。

どうしても超えてしまう場合には筋トレや、ランニングして消費カロリーを増やすのもおすすめです。

カロリーについては「ダイエット時に重要なカロリー制限について」も参考にしてください。

噛み応えのある食品を選ぶ

口が寂しい時にはゼリーなどの柔らかく、噛み応えのない食品は避けましょう。

柔らかい食品は噛むことが少ないため、口の寂しさをまぎらわさせることが難しくなります。また、ついつい食べ過ぎてしまうためカロリーを多くとってしまう原因にもなりかねません。

噛み応えのある食品は満足感を得られることはもちろんのこと、満腹中枢も働きやすくなります。

何回も食べたくなる場合にはガムや、スルメのように噛み応えがあり、カロリーの少ないものを選択しましょう。

食べること以外の対処法

トレーニングしている女性

口が寂しい時には食べること以外でも改善することができます。

食べる方法以外でできる方法も紹介しますので、参考にしてください。

ほかにも「スポーツジムが提案する仕事のストレスの解消法とは?」でストレス発散方法を紹介しています。

トレーニングや有酸素運動する

ダイエット中に何か食べようとしても、ダメだからと我慢するとストレスの原因となります。

口が寂しくなった時には筋トレや、有酸素運動するのがおすすめです。

トレーニングすることで気がまぎれることはもちろんのこと、筋肉をつけることができます。筋肉が付くことで基礎代謝が上がるため、痩せやすく太りにくい体を手に入れることが可能です。

ランニングやジョギングといった有酸素運動は、脂肪を効率よく燃やしてくれます。少しでも早く痩せたい人は有酸素運動も取り入れるのがおすすめです。

趣味に没頭する

口が寂しくなる原因の一つに、暇な時間があることが挙げられます。

暇な時間を減らすためにも音楽を聴いたり、ゲームをしたりと趣味に没頭するのもおすすめです。好きなことに集中していると気がまぎれるので、自然に口が寂しくなくなります。

特に両手がふさがることをすると集中力が増し、口が寂しくなりにくいです。

緻密な作業は集中力が増すので、この機会に何か没頭できることを始めてみるのもよいかもしれませんね。

寝る

人によっては何もすることがなくて困ることもあると思います。

そんな時にはおもいきって寝てしまうのもおすすめです。

寝てしまえばお腹が減ることも、口が寂しくなることもなくなるので食べることもありません。どうしても起きていると食べることを考えてしまい、ストレスとなってしまいます。

適度な睡眠はストレスの解消や、脳のリフレッシュにもつながるのでおすすめです。

空腹にならないための対処法

野菜を食べている人

口が寂しくなるのと同時に、空腹に襲われる人も多いのではないでしょうか。

空腹になりにくくするための方法を紹介します。

食事に野菜を多く取り入れる

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維を食べることで腹持ちが良くなり、空腹になりにくいのが特徴です。食事で満腹感を得られないときには、野菜を満腹になるまで食べましょう。

野菜はカロリーがほとんどないため、食べ過ぎても太ることはありません。

普段からあまり食べていない人は、毎食で野菜を多く摂取するようにしましょう。

また、ダイエット中に不足しがちな栄養素でもあるビタミンや、ミネラルも一緒に摂取できます。

食事の回数を分ける

普段の食事の回数は1日2食から3食の人が多いと思います。

食事の回数が減ると間隔があきすぎてしまうため、何か食べようと空腹になりやすいです。

1日あたりの食事の回数を5回と増やすことによって、空腹を抑えることができます。

食事の回数を増やす場合には、1日あたりの摂取カロリーを食事の回数で割るようにしましょう。

例えば1日2,000kcalを摂取する人が5食に分けるときは、1食あたり400kcalにします。

同じ食事を5回にすると太る原因となってしまうので、カロリー計算は忘れずにしましょう。

ダイエット中に口が寂しくなったときに食べてもOK

食事風景

ダイエット中に口が寂しくなった時に対処法を紹介しました。

ダイエット中でも食べても問題はありませんが、低カロリー・高タンパク質なものを食べるようにしましょう。特にゆでたまごや、サラダチキンは低カロリー・高タンパクな食品で、噛み応えもしっかりとあります。

食べること以外でも筋トレや、趣味に没頭することでまぎらわすことも可能です。

自分を上手にコントロールして、ストレスなくダイエットに励みましょう。

最後に自分で食事管理するのが苦手という人のために、おすすめの宅食サービスを紹介します。

忙しい毎日でも手軽に必要な栄養を摂取できるのでおすすめです。

体づくりに最適な宅食サービス

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事