ワークアウトとトレーニングの違いとは?比較しながら解説

ワークアウトとトレーニングの違いとは?比較しながら解説

近年、筋トレと同じくらいよく使われるようになったワークアウトという言葉。

そんなワークアウトとトレーニングには、どんな意味の違いがあるのか疑問に思う人もいるでしょう。

ワークアウトの意味やおすすめのトレーニング法、トレーニング効果を高める方法を紹介します。

ワークアウトの意味とは?

トレーニングしている女性

ワークアウトとは身体機能を高めるための運動のことです。

シックスパックやくびれを作るトレーニングのことや、ダイエットのためのランニングなどの運動全般を指しています。

アスリートが行うトレーニングはスキルアップを目指しているため、ワークアウトとは言いません。

ワークアウトはトレーニングと同くらい使われるようになっており、なじみのある言葉になってきているでしょう。

ワークアウトと似た意味で使われる単語

トレーニングしている人

ワークアウトと似たような言葉にトレーニングやエクササイズがあります。この単語の意味に違いがあるのか疑問に思う人もいるでしょう。

各単語の意味の違いについて解説します。

トレーニング

トレーニングと聞くと筋肉を鍛える筋トレをイメージする人も多いでしょう。

本来トレーニングという意味は、仕事やスポーツなどでスキルを身に着けることを指します。

日本ではワークアウトはトレーニングと同じ意味で使われますが、英語圏では別の意味です。しかし、日本で見ればとレーニングという意味で使っても問題なく伝わるでしょう。

ジムで筋トレするとこをトレーニングと呼ぶことが多いですが、実際の意味とは違うので覚えておくのがおすすめです。

エクササイズ

エクササイズとは健康増進のための運動を指しています。外での軽いジョギングや、ラジオ体操、プールでの遊泳などいろいろな運動がエクササイズです。

筋トレをエクササイズとして言うこともありますが、その中でも軽い運動全般と覚えるのが良いでしょう。

また、エクササイズは筋トレのように肉体を鍛えるだけでなく、メンタル面を鍛えることも含まれます。そのためワークアウトよりも広義の意味で使われることが多いです。

おすすめのワークアウト法

トレーニングしている女性

ワークアウトと言ってもトレーニングの種類はさまざまです。種類を覚えることでバリエーションを増やしてトレーニングできるでしょう。

おすすめのトレーニング法を紹介します。

ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングとはマシンやバーベル、ダンベルなど機材を使いながらするトレーニング法です。

ウエイトトレーニングは筋肉をつけること目的として行います。マシンの重量を上げることやバーベルにつけるプレートを増やすことで負荷を上げていくのがおすすめです。

筋肉をつけることはマッチョになること以外にも、生涯にわたり歩き続けるための筋肉を維持したり、身体のラインをキレイに見せたりすることにも効果があります。

有酸素トレーニング

有酸素トレーニングとはランニングやエアロビクス、水泳など持続して行うトレーニングのことを言います。

有酸素トレーニングは、心肺機能を向上させることや脂肪燃焼が目的です。ウエイトトレーニングとは違い短時間で行うというよりも、10分や20分以上継続して行います。

また、有酸素トレーニングはウエイトトレーニングよりも用意する道具も少ないため、気軽に始められるトレーニングとして魅力的です。

有酸素トレーニングについては、「ランニングにおすすめのトレーニングメニューを紹介」も参考にしてください。

自重トレーニング

自重トレーニングはトレーニングアイテムなどを使わずに、自分の体重をおもりの代わりとして行うトレーニング法です。

自重トレーニングには腕立て伏せや腹筋、懸垂などがあります。

特にトレーニングを始めてみたいという人は、自重トレーニングから始めてみるのがおすすめです。道具を用意する必要もないので、家でも気軽に始められるのが魅力的でしょう。

自重で慣れてきたら回数を増やすことで、トレーニング強度を上げられます。

しかし、運動強度を上げるにもレパートリーを増やすことも必要なので、慣れてきたらジムなどでウエイトトレーニングをするのがおすすめです。

HIIT

HIITとはインターバルトレーニングのことをさし、高強度のトレーニングと休憩を繰り返して行うトレーニング法です。

有酸素トレーニングにも似ていますが、短時間で高強度のトレーニングを行うため脂肪燃焼効果が高くなっています。

HIITをするには20秒のトレーニングと10秒の休憩を8セット行ってください。トレーニング中は回数ではなく、20秒で1回でも行うようにしましょう。

また、5分ほどの時間でトレーニングができるため、隙間時間に鍛えたい人にピッタリです。

HIITについては、「HIITのメリットとデメリットとは?効果を高める方法も解説」も参考にしてください。

ワークアウトするメリット

鍛えられた女性

ワークアウトは健康的になること以外にも、様々なメリットがあります。

どのようなメリットがあるのかをまとめますので、参考にしてください。

ダイエット・ボディメイクができる

ワークアウトを続けることで筋肉をつけることができます。

筋肉が付くことで体のラインがキレイに見えるようになることや、基礎代謝が上がることで太りにくく、痩せやすい身体を手に入れることが可能です。

基礎代謝とは人が生きるうえで最低限必要なカロリーのことで、臓器だけでなく筋肉量にも応じて上がっていきます。

筋肉量をつけるにはウエイトトレーニングがおすすめです。ダンベルやバーベルで負荷を上げることにより、さらに効果を高めることもできます。

自分の理想の身体を手に入れるためにも、ワークアウトを継続して行うようにしましょう。

ストレス解消になる

ストレスが溜まっている人は、ワークアルトをしましょう。

ワークアウトをすることでセロトニンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、精神状態を安定させることが可能です。

ストレスが溜まっているときに思いっきりトレーニングをすることで、ストレス解消にもつながります。

ワークアウトするときには筋トレだけでなく、ウォーキング、ランニング、スポーツ何でも問題ありません。

好きなワークアウトを選択してストレス解消しましょう。

ストレスについては、「スポーツジムが提案する仕事のストレスの解消法とは?」も参考にしてください。

肩こりや腰痛などの機能改善につながる

肩こりや腰痛になる人の原因として、血流が悪くなることが原因です。

ワークアウトすることで筋肉を動かすことができ、血流の改善につながります。

仕事がデスクワークで普段からあまり動かすことがない人は、トレーニングするだけで改善することも可能です。

仕事中の隙間時間に簡単なストレッチをすることでも、肩こりや腰痛の改善にもつながっていきます。

トレーニング効果を高める方法

食事風景

トレーニング効果を高めるためには強度を上げるだけでなく、栄養補給なども大切です。

トレーニング効果を高めるためにオススメの方法を紹介します。

栄養補給をする

トレーニング後は必ず栄養補給をしましょう。

トレーニング後におすすめの栄養はタンパク質です。タンパク質は筋肉を大きくするほかにも、筋肉を回復する効果もあります。タンパク質が多く含まれる食材は、鶏肉や豚肉、牛肉、卵、豆類などです。

タンパク質については、「タンパク質とは?摂取するメリットやおすすめの食べ物を紹介」も参考にしてください。

また、ビタミンも多く摂取しましょう。特にビタミンB群にはタンパク質の吸収を助ける働きがあります。

ビタミンについては、「ビタミンの種類とは?おすすめの食べ物と効果について」も参考にしてください。

栄養補給はトレーニング効果を最も高めるために重要なことなので、しっかりと行いましょう。

休息日を作る

トレーニングは大切ですが、休息日を作ることも重要です。

トレーニング日とトレーニング日の間は48時間ほど間隔をあけるようにしましょう。

トレーニング後は毛細血管などが切れており、筋肉が傷ついている状態です。傷ついた筋肉がタンパク質などの栄養を吸収し回復することで、筋肉が大きくなっていきます。

そのため筋トレを毎日続けてしまうと筋肉が回復せず、筋肉が付きづらくなってしまうのです。

トレーニングをした後は、筋肉を回復させるためにも休息日を設けるようにしましょう。

休息日については、「筋肉痛の時はトレーニングを控えよう!超回復の仕組みも紹介」も参考にしてください。

ストレッチをする

トレーニング効果を高めるためには、トレーニング前後のストレッチも有効的です。

ストレッチはトレーニングの前後で目的が変わります。

トレーニング前のストレッチはウォーミングアップが目的です。ウォーミングアップで行うストレッチは、ラジオ体操のような動きのあるストレッチをしましょう。

トレーニング後のストレッチは、クールダウンが目的で疲労を残さないために行います。クールダウンとしてのストレッチは、ゆっくりと伸びを感じるストレッチがおすすめです。

ストレッチについては、「ストレッチの効果とは?種類や注意点・ポイントも解説」も参考にしてください。

睡眠時間を確保する

トレーニング後には、睡眠をとることも重要です。

人は寝ている間に成長ホルモンを分泌しています。この成長ホルモンが、筋肉の回復や肥大させるために重要です。

睡眠時間が短くなってしまうと成長ホルモンの分泌が少なるため、筋肉痛が長引くことや、トレーニング効果があまり出ていないと感じることが多くなります。

そのためトレーニングをした日は睡眠時間をたっぷりと取れるように、時間を調整しましょう。

ワークアウトをして健康的な日々を送ろう

トレーニングしている女性

ワークアウトとはシックスパックやくびれを作るトレーニングのことや、ダイエットのためのランニングなどの運動全般を指しています。

トレーニングの種類もウエイトトレーニングをはじめ、有酸素トレーニングなどバリエーションも豊富です。

まずは、自分の好きなワークアウトから始めて、健康的な日々を送れるようにしましょう。

当記事を読んで「トレーニングしてみたい」「身体を変えたい!」「一人でできるか不安」「もっと知りたい」と思った方は、ぜひパーソナルトレーニングジムの利用をご検討ください。Rehour Gym「リアワージム」では一人一人の目標・目的に沿ったプログラムや、食事・栄養指導をさせていただきます。ダイエットやボディメイクのみならず、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上、健康増進のお手伝いもさせていただきます。

当パーソナルジムが気になった方は、まず無料カウンセリングからお問い合わせください。

筋トレや食事管理に不安のある方は、無料カウンセリングにお越しください。あなたの目標を全力でサポートさせていただきます!

記事制作

Rehour Gym-リアワージム

パーソナルジムを運営している弊社が皆様の健康や、ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善、アスリートパフォーマンス向上に役立つ情報を配信しています!
>>川崎・武蔵小杉のパーソナルトレーニングジムRehour Gym TOPへ
>>川崎出張パーソナルトレーニングRehour Gym へ

おすすめの記事